Blog

02.04.2024

Sugino NOS at 80’s!

我々世代には、感涙モノの~

杉野鉄工所!

からSuginoへ改名した時代のプロダクト~のNOSで御座います。

トリプル~

この時代のツーリング車は全て165mmで御座いました事など~

ご同輩諸氏に於かれましては、先刻ご承知だと存知上げます(笑)

48/38/28

中板までのPCDは110

内板PCDは、この通りで御座います。

ダブル~

48/38 165mm/110PCDで御座います。

トリプル/13.800JPY(Tax less)

ダブル/12.800JPY(Tax less)

自分の車体では、現在でも~現役運用で御座います。

NOSは滅多に出ません故

この機会に是非~ご活用下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
01.25.2024

Pella sports wear!

http://cspeed.jp/blog/go-with-pella/

10%offクーポンコード~是非ご利用下さいませ!

先日、イタリアよりPella社代表/Andrea氏が来日致しましたが

今後の展開につきまして諸々話しを致しました。

内容につきましては、近々ご報告させて頂きます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
01.20.2024

Panasonic Ti with normal parts!

溶接から塗装まで、自社大阪ファクトリーで造られますPanasonic!

今回は325Tiフレーム

美しいフォルムのTokyo SSS PB/one by ESUのフォーク~

とさせて頂きました。

今回のオーナー様の目的は、輪行も視野に入れたツーリング~

で御座いましたので

ディスクブレーキではなく、

リムブレーキ仕様とさせて頂き

構成致します部品も、特殊な物は使わず~

でも、重量/堅牢性/そして走行性の軽さ

を重要視し

325Tiブレーム+one by ESUカーボンフォーク+R7000に加えまして

38mm高/28H/3交差編み/1.8mmストレートスポーク

ハブは11sハブ中で最廉価品のR400

で構成~

サドルは

カーボンベースので乗り心地と軽さをバランスさせたTNI

ハンドルは、基本的なフォームを無理なくとれる丸ハンの中でも

ドロップとリーチが大変楽(笑)な

こちらもTokyo SSSさんPB/Dixnaで御座います!

123mmドロップでリーチ60mm~自分も使っておりますが

本当に楽チンで御座います!

ステムも同じくDixna

お手頃価格で堅牢性も高く、自分も使う73度ステムで御座います。

特別な高級部品は使わず

でも

実績ある信頼性の高い部品で

組ませて頂きました。

あの場所~あの峠~楽しいサイクルツーリングへは

Made in JapanのPanasonicが~活躍致します!

PS:4月よりPnasonicプロダクトは大幅値上げが予定されております。

Real made in Japanへご興味頂けます場合

ご決断の時、だとも存知ます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
01.14.2024

IRC Jerry Plus!

トレッドパターンが刷新されました~

IRC/Jetty plus!

従来のサイズよりボリュームあるサイズ展開も御座います!

25C/28Cは、お値段2.500JPY(tax less)

新規展開サイズの30C/35Cは、2.800JPY(tax less)

https://ircbike.jp/product-list/urban/jetty-plus/

大変リーズナブルなお値段で御座いますが

内容は~お値段以上、だと自分は感じます!

自分は現在、Jetty plus 28Cを

ターマックサイクリングで使っております。

でも以前は~

http://aekp8661.livedoor.blog/archives/7111493.html

長くJetty plus 25Cを、林道サイクリングで使っておりました。

でもやはり~林道で内圧を低く設定し

ハイスピードダウンヒルを致しますと、

段差や拳大の石へ乗り上げます際、リム打ちパンクチャー(笑)

自分の62kの体重で、

それを抑制致します為には~内圧7は必要

でもそれでは~跳ね過ぎてロングダートでは身体がキツい!

→現在は

林道サイクリングではチューブレス運用で御座います。

内圧4以下でも~当然ながらリム打ちパンクチャーはなく

これまでTLタイヤでダート林道でのパンクチャーはゼロで御座います。

とは申せ~

Jetty plusの性能は、価格以上な上に

同じような価格帯のPanaracer S2より~

圧倒的にリムヘのマウントが楽で御座います!

楽しいサイクリングのお供へ、頼もしいタイヤ~Jetty plus

是非、お試し下さいませ!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.26.2023

A big chill is COMING!

ここの処~大変な寒さだと存知ます!

そして遂に

この大袈裟(笑)な~

クロージングの時期到来~だとも存知ます!

もうどこでも寒いこの時期、爪先から足の冷たさに耐えられません(笑)

でも

このテのオーバーソックス系のシューズカバーは

ペダリングヘの干渉は最低限~だと存知ます。

Q factorは可能な限りナローへ~に拘ります自分で御座いますが

クランクアームへの干渉も全く御座いません!

ここが干渉する煩わさ+ストレスは、筆舌に尽し難いと存知ます(笑)

そのストレスを完璧にavoid出来ますのは~

自分の経験範疇では御座いますが、

このシューズカバーしか御座いません!

自分はシューズサイズ43でL/XLで御座います。

同じタイプの某USA製D社のこのテは

強烈に脱着がキビしい(笑)ですが、

Made in JapanのFoot Maxはイージーで御座います。

この時期~是非お試し下さいませ!

Foot Max shoes cover/2.200JPY(tax less)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.18.2023

Like the shine of metal?

325Tiが輝いております!

最近流行りのマット~などより

輝くシャイニーは、ある程度のご年齢層より上の皆様へは

よりいい~と自分個人は感じております。

だって

これからどんどん~年老いて枯れてゆくのです。

せめて好きな自転車位、明るく輝いていて欲しい!

例え、己の行く末と真逆でも~

で御座います(笑)

23番のダウンチューブは、自分の記憶では~真円チューブ

で御座いましたが

最新のNewは、BB付近へゆくに従い横へ楕円扁平加工の

フォーミングチューブになっておりました!

https://cycle.panasonic.com/products/pos/

過日もご案内申し上げましたが、Panasonic POSは来年より

過去最大幅の値上が予定されております。

ご検討中の皆様へは

今年度中のオーダーをお勧め申し上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.16.2023

The CHESINI bros!

一昨日到着致しましたCHESINI brosのディテール~

Products欄へupさせて頂きました!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.14.2023

CHESINI bros!

諸々到着致しましたが~後程

Priducts欄にてディテールはご紹介させて頂きます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.10.2023

The New one!

話題のTPUチューブ~で御座いますが

市場にはもう結構な種類が展開されていると存知ます。

自分は既にチューブレス中心の運用で

未だに試しておりませんが~実際に比較致しますと相当な差が御座います。

チューブレスでのパンクチャー対策で、2本チューブを入れておりましたが

スカスカで、カタカタ音が鳴る程になり~

ポケットティッシュを一つ入れ、スペースを埋めました(笑)

https://growtac.com/products/exar-tputube/

グロータックさんご主張の~シーラントを40g近く入れる

は、30C以上のタイヤの場合だと自分は思います(笑)

正直、目方より丈夫さの~ツーリング等々での場面では

パッチでのリユース等々を含め

個人的にはブチルのノーマルティンチューブだとも感じます。

しかしながら、スペアと致しましての軽さは~

大いなるメリット確実と存知ます!

EXAR TPU tube/1500JPY(tax less)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
11.07.2023

Hurry UP!!

当社では皆様へご支持頂いておりますMade in Japanプロダクト~

Panasonic!

来年より値上げが予定されております。

そろそろ金属フレームかなぁ、とお考えの方へは

今年度中でのご検討~強くお勧め申し上げます!

https://cycle.panasonic.com/products/pos/

Hurry up also ASAP Panasonic POS!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個