Blog

04.06.2024

Magene EXAR TPU!

話題のTPUチューブ~最近、どのようなロールなのか?

試しに使い始めました!

組み合わせるタイヤはクリンチャーではなく

TLRの軽量タイヤで御座いますが

正直に申し上げ~

今後、チューブ入りタイヤなどへ戻る事はない

と思っております自分へ、衝撃的な走行感覚で御座いました!

前後内圧5でも~引き摺る感覚もなく

ロールも軽く、路面追従性も~悔しい位いいンです(笑)

スペアで持つにも軽く~

TPUを使うのもあり!

そう感じております!

https://growtac.com/products/exar-tputube/

TPUチューブは数多市場に出ておりますが

内容と価格がバランスしておりますのは~コチラだと存知ます。

Tax less/1.500JPYは

TPUチューブ中でも廉価帯のプロダクトながら~

内容はとんでもなくいい!

そう感じております。

是非、お試し下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント: 2 件
03.08.2024

Out of Date!

もう既にオワコン(笑)だと存知ますが~5枚御座います。

お越し頂けます際は、お1人様1枚にて差し上げます!

カテゴリー: Blog | コメント: 3 件
03.08.2024

Magene PES-P505!

自分も使っておりますが~このお値段でも全く不足御座いません!

しかも自分の好みのレングス

167.5mmが御座います!

https://growtac.com/products/magene-pes-p505/

39.600JPY(tax less)!

是非~お試し下さいませ//

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
03.02.2024

TR full order frame!

http://cspeed.jp/products/%e7%a8%ae%e9%a1%9e/panasonic-tr-full-order/

Panasonic TR full order frame!

Products欄ご覧下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.17.2024

A history of the Tension SILK!

2921夏~

2019JBTへ参戦車体のテンション号を駆る荒井さんと~

キャンプサイクリングへ出ました!

http://aekp8661.livedoor.blog/archives/10383168.html

荒井さん達ご一行様と津久井湖でミート~道志街道を経て

山中湖へ~のキャンピングで御座いましたが

今でも強く記憶に残ります、大変楽しいサイクリングで御座います!

お暇で御座います場合~

自分の垂れ流しBlogをご覧下さいませ(笑)

そして、完全ハンドメイドのテンション号の民生モデル~

https://www.silkcycle.com/?fbclid=IwAR2sTdf2DVNnYGkHEu4K6wkmdqw4eDMnPexX-l_Szn-WO4u5hTcHMYjeJ38

その開発ヒストリーと

デザイナー/荒井さんの想いが記されました上記~

是非ご一読下さいませ!

我が国自転車産業の黎明期から

その有様を時系列でご自身の身に刻まれた荒井さん~

テンション号への熱い想いと思想

これを文化と呼ばす、

何を文化と呼ぶので御座いますでしょうか!

我が国独自の自転車文化で御座います輪行~

そして輪行サイクリングの楽しさ

その楽しさを究極的に追求するテンションシルク号~

これこそ、大人が選択致します我が国の自転車文化

と存知ます。

濃い内容満載のバックヒストリーを持つTension SILK号

是非、ご試乗頂き

是非、その濃い文化を~ご体感下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.11.2024

BC wheel G3!

http://cspeed.jp/products/%e7%a8%ae%e9%a1%9e/bc-wheel-g3/

G3へ進化致しましたBC wheel~で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.10.2024

The Tension SILK!

http://cspeed.jp/products/%e7%a8%ae%e9%a1%9e/the-tension-silk/

自転車業界の鬼才、荒井さんが放つ~どの車体とも似ていない

独創的車体で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.04.2024

Sugino NOS at 80’s!

我々世代には、感涙モノの~

杉野鉄工所!

からSuginoへ改名した時代のプロダクト~のNOSで御座います。

トリプル~

この時代のツーリング車は全て165mmで御座いました事など~

ご同輩諸氏に於かれましては、先刻ご承知だと存知上げます(笑)

48/38/28

中板までのPCDは110

内板PCDは、この通りで御座います。

ダブル~

48/38 165mm/110PCDで御座います。

トリプル/13.800JPY(Tax less)

ダブル/12.800JPY(Tax less)

自分の車体では、現在でも~現役運用で御座います。

NOSは滅多に出ません故

この機会に是非~ご活用下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
01.25.2024

Pella sports wear!

http://cspeed.jp/blog/go-with-pella/

10%offクーポンコード~是非ご利用下さいませ!

先日、イタリアよりPella社代表/Andrea氏が来日致しましたが

今後の展開につきまして諸々話しを致しました。

内容につきましては、近々ご報告させて頂きます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
01.20.2024

Panasonic Ti with normal parts!

溶接から塗装まで、自社大阪ファクトリーで造られますPanasonic!

今回は325Tiフレーム

美しいフォルムのTokyo SSS PB/one by ESUのフォーク~

とさせて頂きました。

今回のオーナー様の目的は、輪行も視野に入れたツーリング~

で御座いましたので

ディスクブレーキではなく、

リムブレーキ仕様とさせて頂き

構成致します部品も、特殊な物は使わず~

でも、重量/堅牢性/そして走行性の軽さ

を重要視し

325Tiブレーム+one by ESUカーボンフォーク+R7000に加えまして

38mm高/28H/3交差編み/1.8mmストレートスポーク

ハブは11sハブ中で最廉価品のR400

で構成~

サドルは

カーボンベースので乗り心地と軽さをバランスさせたTNI

ハンドルは、基本的なフォームを無理なくとれる丸ハンの中でも

ドロップとリーチが大変楽(笑)な

こちらもTokyo SSSさんPB/Dixnaで御座います!

123mmドロップでリーチ60mm~自分も使っておりますが

本当に楽チンで御座います!

ステムも同じくDixna

お手頃価格で堅牢性も高く、自分も使う73度ステムで御座います。

特別な高級部品は使わず

でも

実績ある信頼性の高い部品で

組ませて頂きました。

あの場所~あの峠~楽しいサイクルツーリングへは

Made in JapanのPanasonicが~活躍致します!

PS:4月よりPnasonicプロダクトは大幅値上げが予定されております。

Real made in Japanへご興味頂けます場合

ご決断の時、だとも存知ます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個