36H/4cross lace for happy rolling!

R7000!

5800よりラチェットサウンドが大きいと感じますが

爆音サウンドが好きな自分には、全く物足りない音量で御座います(笑)

XR-19W!

今の時代では貴重となりました輝くポリッシュに加えまして

ワイドリムが主流になりつつあります現在、実測400g少々のリム~

であります事も、貴重であると存知上げます。

Rは左落としで井上レース

Fは右落としでJISレース

8本取りの

4交差編み=4cross lace

基本的に交差数が多い程~

横の捻じれには強く

前輪16Hのラジアルレースと36Hの4crossレースで同じ強度の車輪~

を造ります場合、16Hラジアルレースの1本当りのスポークテンションは

36H4crossレースの倍の張力が必要になると思います。

スポーク本数を減らしました軽さの代償は、縦振動を受ける事となりますが

近年ラジアルレース車輪に増えておりますストレートプルのスポークは

従来型Jフックスポークより、明らかに横方向の捻じれには弱い~とも思います。

縦吸収が良く、横の捻じれにも強く、より真円性も増しますのが

36H4crossの特徴だと存知上げます。

輝く軽い外周に、路面を舐めるようにゆく車輪は~

峠の下りヘアピンでも、だらしないアンダーなどは出ません!

そして

林道走行で仮に1本位スポークが飛んだと致しましても~

そのまま走行可能=林道脱出可能、だと存知ます。

仮に16本や20本の場合に1本逝ってしまいますと~

走行困難or不能=歩くしかない、かも知れません(笑)

既に古いセオリーとなりました36H4cross lace車輪では御座いますが

この夏の楽しいツーリングへ~如何で御座いますでしょうか!

スポークテンションは、体重・乗り方・走行路面~等々で適宜調整させて頂きます。

R7000/X-keymet XR19W/Hoshi starbright 15straight/35.000JPY(tax less)

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*