Blog

06.26.2020

Even in the rainy season!

現在、いよいよ本格的な梅雨のシーズンだと存知ます!

急傾が続く箱根旧道七曲り~下りでは

大変タイトな曲がりが連発する難しいルートとも存知ます。

昨日、当クラブの女子選手と共に走行して参りました。

麓では霧雨で御座いましたが、途中からは完全に本降りとなり

箱根名物の霧も濃くなり視界も怪しい状況となりましたので~

サミットまであと少しの甘酒茶屋で引き返す事と致しました。

下りは~

完全なフルウェットへ!

この写真は麓近くまで下った地点で御座いますが、七曲りの核心部では

写真など撮れるような降り方では御座いませんでした(笑)

前をゆく自分のアロイ車輪のブレーキングとコーナリングラインに合わせ~

後続のカーボン車輪も安定した制動を発揮!

無事にダウンヒルをこなせました。

やはり

この水切りアローブレーキサーフェスが効いているのだと存知ます。

雨の下り等々では、

現在のディスクブレーキは確実なアドバンテージだと存知ますものの

最新のハイドロは効きが強すぎる~とも自分は個人的に感じます。

雨のターマックでのバニックブレーキ時等々では

28Cタイヤの路面コンタクト面積など~

簡単にロックさせるパワーを持ち合わせていると存知ます。

ディスクブレーキの能力は認めつつも

RRに於きましては、必ずしもそれがマストではない~

昨日の下りでも再認識致しました。

http://cspeed.jp/blog/gc-wheel/

何処の工場で造られたリムで

何処が出所なのか、全く口外なさらないメーカーが多い中

一切のマスキングは御座いません!

実は原価が相当にお安いのに~これが30万オーバー?

な物は数多御座いますが

GC wheel~価格以上の内容がある、と

手前味噌ながら確信しております!

雨の時期にこそ~お試し下さいませ!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
06.09.2020

Aero form OGK R1CV!

人気のエアロヘルメットのOGK AERO-R1へ

オーバーシェルカウルを装備致しました~

AERO-R1CV!

お馴染みのバイザー付きで御座いますが

カウルを外した状態でも~勿論OKで御座います!

グロスとマットのコントラストが御座いますこのカラーが、一番いいかも~

と自分個人は感じておりますが

TRやTTの用途以外でも、夏はカウル無し+冬はカウル装着~で

年間使える重宝モデルだと存知ます。

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/aero-r1cv/aero-r1cv.html

カラー展開も多く、今期Newモkデルで御座います!

プロKeirinレーサーも練習走行で使用致します!

AERO-R1CV/23.000JPY(tax less)

何万円もするようなヘルメットは無理!

or プラスティックスとスティロールで、あんな値段は詐欺だ(笑)

とのご貴兄へは

十分以上の内容を持つ

こちら!

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/rect/rect.html

RECT/7.200JPY(tax less)!

しっかりした造りで~正直に申し上げ、

いったいこの価格差は何に起因しているのか?

自分程度の思慮では、全く理解出来ません(笑)

IZANAGI/33.000JPY

AERO R1CV/23.000JPY

RECT/7.200JPY

AEROBLADE-5/32.000JPYで~

http://www.ogkkabuto.co.jp/motorcycle/products/fullface/aeroblade5/aeroblade5.html

IZANAGIよりお安いんです!

単車も乗られます方は~7.200JPYが適正価格だろ!

と、普通はお感じになられると存知ます。

ジテンシャ業界の闇は日本海溝より深い~

カーボンプロダクト全般も同じで御座います(笑)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
06.04.2020

Came OGK IZANAGI !

OGKのNew product

ADモデルが参りました!

展開色中、一番クールだと個人的に感じますこのグリッターカラー!

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/izanagi/izanagi.html

詳細は上記をご覧下さい。

目方だけで御座いますと、

このNewより軽い物もOGKラインには御座いますが

このIZANAGIのプライオリティは、涼しい事と

BOAシステムを導入したフィッティングの良さ~だそうで御座います。

スケルトン部分も

清涼感への大きなアクセントとなっていると感じますが

この夏、2020 Tokyo用に~代表選手と同じ

特別ペイントモデルも予定されていたそうで御座いましたが、、

そのリリースは2021へ~だと推察申し上げます。

そんなIZANAGIで御座いますが、

残念ながら自分はヘルメットを多く使った経験がなく

数多くのヘルメットをこれまで使って来た当クラブ・Yukiko sanヘ

テストして頂く事と致しました!

彼女は現在10個以上ヘルメットを所有しており、

ヘルメットには拘りがあるそうで御座います。

どのヘルメットでも、路面振動でヘルメットが前へ落ちて来てしまい~

アイウェアが押し下げられてしまう事があるそうで御座います。

その辺りの事をBOAシステムで抑制出来るか?

涼しさはどの程度なのか??

湿度が高く気温も30度近くまで上昇致しました本日~

箱根旧道七曲の上り下りで実証走行をして参りました!

湿度が高い中、発汗も多くなります峠の上りでは

さすがに涼しい~まではないものの、

今までのヘルメットよりは快適であったそうで御座います。

ハードなブレーキグが連発するタイトターンが多い旧道七曲の下りでも

コーナリング中の左右へ加重移動の際~

ヘルメットが前へ落ちて来る事はなかったそうで御座います。

凄く気にいった~そうで御座います!

ズレて来る事もなく、フィッティングが特にいい~

との事でも御座いました。

厳しいシーンへ向けた本格的なヘルメットだと存知ます。

お値段も本格的な33.000JPY(Tax less)では御座いますが

本格的な条件へ応える内容をもつプロダクト~と言える

以上、

本日の実証走行の結果で御座いました。

7月より一般販売開始で御座います、ご検討下さいませ!

Came OGK IZAMAGI!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
05.30.2020

For your best ROLLING!

このテのケミカルははいて捨てる程~現在は御座いますが

自分は今、このブルーノを使っております!

ムオンより粘度が全然低く、耐久性には欠けると思いますが~

Muonはドライブがいい代償と致しまして埃を吸うんです。

ゴールドチェーンを愛用しております自分にとりましては

ゴールが黒になる~は由々しき問題で御座います(笑)

ブルーノは汚れにくいと感じておりますが~

更にサラサラ系のロッサーノ!

ブルーノもロッサーノも点眼系でチェーンひとコマひとコマへ

丁寧に~が手順で御座いますが

そんな面倒なのい~から、ブシャーって手早く、

しかも埃を吸わないのがいい!とのご貴兄へは~

レイキッシュがよろしいかと存知上げます!

そしてよく御座います~あ、カジりついたぁ~参ったなぁ、、へは

フリックがお勧めで御座います!

Vipros ブルーノ/ロッサーノ 2.200JPY(tax less)

Vipros レイキッシュ/フリック 1.800JPY

そして

ベルギーのケミカル~MORGAN BLUE

ロッサーノやブルーノと同様、埃や汚れにフォーカス致しました~

extra dry lube/1.400JPY(tax less)

環境へ優しい~

bio bike oil/1.400JPY

ハードな環境に強い~

syn lube course/1.400JPY

オールラウンドユースのcalcium grease/1.500JPY(Tax less)

ヘッドなど水の浸入がネガティブな部分用のaquaproof paste/2.600JPY

カーボンパーツ用のcarbon assembly paste/1.500JPY

梅雨入り前に、ドライ系や耐水系~各種お試し下さいませ!

For your best rolling!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
05.22.2020

GC wheel phase 2!

KK.c speedのカウンターパートで御座いますイタリアのCHESINI~

シンセンのsuperroadも

徐々に稼働し始めました!

しかしながら現況でのシッピングは通常旅客エアが止まっております以上

EMSが使えず~フォワーダーは、自社貨物エア機体を持つ大手さん~

UPS/DHL/Fedexなど~限られた処となっておりますが

シッピングフィーがこれまで以上に要します事となってしまいました。

2set以上でのご発注の場合、

69.000JPY→64.000JPYとさせて頂いておりましたチームディスカウント~

大変恐縮ながら、一時中止とさせて頂きます事をご理解下さいませ。

そして

通常のノーマルGC wheelのスポークはPillar 1423 bladeで御座いますが

こちらのPillar wing 20を~

https://www.pillarspoke.com/wing

使いましたバージョンを77.000JPYで展開させて頂きます!

1423とwing20では1本辺りのお値段と重さも異なりますが

2タイプ乗っておりますと、明らかに両者の違いが分かります。

wing20の方が明確に撓りがありアシにはこない感じが致します!

体重がかなり重い、

或いはパワーがある~そのような方は1423かも知れませんが~

80kを超える体重~または、最大踏力1500Wを超える水準~

そのような場合以外では

8.000JPYのアップチャージとなってしまいますが

wong20バージョンの意味はある、と2種類乗って自分は感じております。

軽さと巡航性を勘案致しますと45mm高リムは間違えない選択~

とも感じております。

GC wheel phase 2 with Pillar wing 20 version/77.000JPY(tax less)

是非お試し下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
05.15.2020

Mede in 足立区 Japan!

自分も使い始めましたが

今まで使っておりました物より、明らかに呼吸が楽です!

黒とグレーの二色展開~2サイズ展開の足立区メイドで御座います!

Ostrich 3D sawing MASK/1.200JPY(tax less)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
04.26.2020

To the current situation!

人様がおられます処に於きましては~リストリクター装備で周囲へ配慮~

そんな様相の現在で御座いますが

リストリクターは

本当にキツいです!

唯でさえ貧相なEgパワーが~

更に縮小される感じで御座います(笑)

しかしながら現況では、リストリクターも仕方ない~かも知れません。

仮に、追い込みますような走行であります場合は

誰も周囲におられません場所まで装着~とも存知ます。

何方様もおられません場所までの往復や

近所を60分程度の運動として~と致します場合にはOKだと存知ます。

既に在庫が尽きておりまして、この1点のみ~

メディカル王国で御座いますドイツ製で御座います!

本来はヒートモデルのようで御座いますが

ストッキング並みな薄さで御座います。

今時期の~飛沫エチケットへ如何で御座いますでしょうか!

HAD Mod.primaloft/3.400JPY(tax less)!

同時に今時期~在宅勤務の方も多くおられる現況と存知上げますが

長い時間のデスクワークでの脚の浮腫み対策へ

自分はもうこの15年位~コンプレッションハイソックスを使っております。

その間色々なメーカーの物を使って参りましたが

現在はMade in JapanのFoot Maxを使っております!

汚いビジュアルで恐縮で御座いますが、これはもう1年半以上~

普段の生活に於きましても使っている状態で御座います。

あ~なんだか脚が浮腫むなぁ~等々への対策へ

驚くようなお高い値段の物も多い中~

長持ちで適正価格の純日本製~

FootMax 3D SOX/1.500JPY(tax less)!

美脚効果抜群で御座います(笑)

現況を鑑みまして~お勧め申し上げる次第で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
04.25.2020

First impression//IRC FP S-Light!

早速~いつもの処で

ギア比1.5のローギア

低い負荷での高回転維持走行~を

新しいS-Lightでやって参りました!

停止状態に近い処から下ハンケツ上げで~一気に加速で~

前へ前へ転がる感覚は第4世代と変わりませんが

第4世代で自分の好みとは少し違っておりました「硬い転がり」

ではなく~

タイヤサイドのしなやかさを感じながら転がってゆく~感覚で御座いました。

正直申し上げ、第4世代はサイドの撓りを抑制致しまして

ガチっと硬く転がる感覚で御座いましたが

同時に面圧感覚が希薄で~路面のバンプにはけして強いタイヤではない

自分はそう感じておりました。

その感覚と今回の第5世代は~全く違っておりました!

自分レベルの人間にはアシが削られずに済み~

同じ事をしておりましても、アシが残る感覚すら御座いました!

サイドのしなやかさで面圧をより感じる事が出来る感覚で~

ダッシュで後輪から加重が抜け気味な場合でも、跳ねる事は最小限でした。

恐らく、峠の下りでの安定性も上がっていると予測致します!

自分は個人的に、

面圧を感じられないタイヤは好きになれないタイプで御座いますが

硬いフィーリングが好きな方へは~第4世代の方が合うかも知れません。

第一印象と致しましては~

転がりと乗り心と面圧感覚を両立させて来た感じで御座います!

ご興味頂けます方は、自分の車体でご体感下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
04.24.2020

5th GR IRC tubeless S light!

RBCCに遅れまして~

やっと

Lightが入って参りました!

今回IRCはチューブレスタイヤのラインを刷新致しましたが

自分は現在でも

第3世代構造で未だ生き残っておりますRoadliteの25Cを使っております。

サイドがしなやかで乗り心地がよく~自分の好みで御座いますが

実測は27mmで御座います(笑)

このRoadliteと同じ

第3世代のFormula Pro RBCCとLightも未だに使っておりますが~

この第4世代になりまして~

乗り味も性能も、一気に武闘派方向へ振られたと感じます。

乗り心地と引き換えに~カーンと転がる感じになりました!

そして

28Cでも26mm御座いません(笑)

第3世代のRoadliteも同じリムでの実測で御座います!

持ちましただけでも、完全にRBCCより軽い事が分かりますが

第5世代となりましてのトピックは、LightだけTLRになった事~

第4世代は全てのラインが「チューブレスタイヤ」で御座いましたが

第5世代は~RBCCとX-Guardがチューブレスで、

S-lightはシーラントを入れます事を前提と致します~

「チューブレスレディタイヤ」となった事で御座います。

恐らくこの理由は、Panaracerの軽量TLRタイヤに影響を受けた~

と自分は予測しております。

重さだけでは同じ28Cで~VS 4th GRで75gも軽くなっております!

シーラントマストで御座いますので、この75gのビハインドは

自分の場合25cc程度シーラントを入れますので~

事実上50g程度だと思いますが

タイヤの50g差はダイレクトに走行へ現れる差だと存知ます!

嵌めやすさは、先日やりましたRBCCの方が易しい~と感じましたが

個体差もあろうかと存知ます。

そして今回の第5世代のLightのもうひとつのトピックは~カーボンコンパウンドから

RBCCコンパウンドになった事で御座います!

カーボンコンパウンドの、あのカーンと転がる武闘派な感じが~

IRCご自慢の米糠コンパウンドでどう進化したのか?

乗るのが楽しみで御座います!

28Cの実測は27mm少々で御座いましたが

この第5世代RBCCの25Cの実測は25mmでした。

IRC 5th GR tubeless RBCC/S-Light TLC

7.600JPY(tax less)!

お値段は前世代から据え置きの、純国産品で御座います!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
04.17.2020

One suggestion!

外出自粛の現在~

皆様に於かれましてもストレスフルな日々をお過ごしであれます事、

想像申し上げます。

現況では、

インドアトレーナーをお使いの方も多くおいでになられると存知ますが

やはり、条件が許す範囲内では外で走りたい!

これは人情であると存知上げます。

人との接触がなく、立ち寄りはせず、帰着までのグロスは1時間程度~

ソロと致しましても現況下でのあまりの遠乗りは~

憚られる情勢とも存知ます。

1時間の範囲内ですと、近所を軽く流して気分転換でもOKか~と

お考えの場合でも、発想を転換致しまして~こんな条件下ならではの~

短時間走行へは「無酸素領域」での走行が効率がいい!

そう自分は感じております。

ロケーションと致しましては、

交通量が少なく、若干の上り傾斜、左からの交流がない処~が御座いますと

最高で御座います!

ギア比は多くの方が装備なされておらます構成ですと、34/23

約1.5倍~このギア比ですと、どんな方でも簡単に最高ケイデンスへと

到達させます事は可能だと存知ます。

目安となりますスタート地点を決め、下ハンで腰を上げまして~

一気にスタート!

1.5倍ですと、直に最高回転に到達する筈で御座いますが~

仮にこれが全くの平地で御座います場合、フリーギアのギア車体では

アシが空回り致しまして~

正確なペダリングからはかけ離れてしまいます!

傾斜は約5%程度が望ましいと存知ますが

一気に最高回転数へと到達後~あとは

どれだけ~

その回転数を維持出来るか?で御座います!

単純では御座いますものの~

本数を経ますにつれ、どんどんとキツくなります(笑)

若干の上り傾斜であります事の必要性は、空回り防止に加えまして

360度のペダリング中、常にペダルが足裏に張り付いている感覚~

所謂、足裏感覚を絶やさない為も御座います。

この足裏感覚こそ、正確で効率のいいペダリングへはマストだと感じます。

距離に致しまして、200Mそこそこの距離を~反復致しますが

通常の無酸素トレーニングのように休憩は入れず、ノーレスト!

自分のレベルでは、8本がもう限界中の限界で御座いまして~

まともに出来ますのは半分の4本までで御座います(笑)

完全なる無酸素領域での走行となりますので、筋肉は痛み呼吸はゼイゼイ!

で御座いますが

ギア比を掛けておりませんので、

関節や肉離れなどのダメージリスクは最小限で御座いますが

反面、強度は相当なものが御座います。

現況のような生活環境下では、運動不足になりがちとも存知ますが

脂肪燃焼を促進出来ます時間軸走は社会的に不可能とも存知ます。

そして~無酸素領域ではグリコーゲンを使い乳酸を出しますので

脂肪燃焼へは無効果では?へは~正解で御座いますものの

耐乳酸へ身体の状態を持ち込みますと~運動後に代謝が上がる!

その代謝UPは個人差も御座いますが、概ね4時間から6時間は継続する~

と自分の経験範疇内では実感しております。

8本での実質時間はノーレストで凡そ15分!

1.5倍のギアで上り傾斜下では~出せましても最高時速は30K程度

本数を重ねます程、最高時速は落ちますので~万一の墜落の際へも

ダメージは最小限となり得る速度域と存知ます。

環境が許します場合には、このような走行は如何で御座いますでしょうか?

万一お散歩やジョギングの方や、車が参りました場合には~

即中断なされ、周囲共々安全担保の上~お願い申す上げます。

またこのご提案は昨年のJBCF全日本TRに於きまして

失礼ながら上記水準のメンバー構成の中でも~

予選すら突破出来ません齢56の貧脚中年が申し上げます事で御座います。

競技選手向けではなく

40代や50代の皆様へ~現実的な走行提案と考えております。

走行方法等々につきましてのご質問が万一御座います場合には

メールにて頂戴出来ますと幸いで御座います。

このような状況下でも健全な身体を維持致しまして

健康寿命を延ばし、死ぬ瞬間まで己の足で立っていたい~

そう願うご同輩諸氏へ向けc speedよりのご提案~で御座いました!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個