Blog

07.28.2016

Viva touring Act2!

画像-0054

Tokyo SSS/Grunge キャリーライト!

画像-0059

逆立ちタイプのリンコーBAGです。

車輪BAGは別売/1.550JPY(tax less)ですが~

Nitto R10を装着した状態でも、普通に収納出来ます。

エンド金具を要しますタイプでは、R10やRear rack類は

外さなければ入らない筈です。

画像-0055

中締めベルトを使わないタイプで、当然エンド金具も要りません。

画像-0057

トートBAGのリンコーBAG版、のような雰囲気で

とても使い易いと思います。

画像-0060

MADISON BAGと同じ時代によくありました、マジックBAG(古い!)~

中年世代の皆様に於かれましては

先刻ご承知の物であると存知ますが、ポケットに全体を詰め込む(笑)形式は

まさしくマジックBAGと同じです!

なんちゃら金具やら、中締めベルトやら、収納袋~余計なモノは

一切必要無い、シンプルでよく考えられたリンコーBAG

Grunge キャリーライト!

400g/ボトルケージにも入ります。

7.800JPY(tax less)!

夏のサイクリングへ、お勧め申し上げます。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.28.2016

Viva touring Act1!

遂に梅雨明けです!

遂に~夏の、ツーリングシーズン到来です!!

ロード車体で気軽に2泊程度のツーリング~現実的だと思います。

そんな場合、活躍致しますのが

画像-0033

Mede in Japan/我らがNitto handle worksのR10です!

画像-0046

何時もながら、昭和の雰囲気満点のノーティスシート!

画像-0040

各部の丁重な造り込みに加えまして、

画像-0037

セッティングして直ぐに伝わって来る~

画像-0035

画像-0041

精度の高さ!

画像-0043

画像-0042

写真ではLアーム位置が少し高く映っておりますが、完璧なシンメトリーです。

ギロチンボルトからステーのアーム~

完全に左右均等に出ております。

画像-0047

センターも見事に出ております!

ここまでの工作精度は、なかなかお目に掛れないと自分は思います。

キャリアを拵えるのはある意味、フレームよりナーバスな部分もある?!

画像-0049

R10の加重耐久は10kですので、2泊程度なら十分以上ではないでしょうか?!

画像-0034

Nitto handle works/Mod.R10 made in the Fukushima Nitto factory!

9.100JPY(tax less)

画像-0053

荷縄ステーも2本ありますので~

coolな中年ツーリストなら

高級システムツーリングBAGなどには目もくれず、

MADISON bag

これを無造作にゴム紐でR10に括り付け~

Viva touring!

だと存知上げます(笑)

因みに、R10はRear BAG supporterとなっておりますが

051

加重耐久10Kgの、完全なRear rack or Rear carrier~だと思います。

045

シートステーへのアームは、もう1Set~長いアームも付いております。

フレームサイズへの対応だと思いますが

我が国物造りの粋と配慮~大陸メイドには有り得ない事だと思います。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.27.2016

FYI!

7月30(土)~8月1日(月)

8月8日(月)~8月12日(金)

都合により、お休み頂戴致します。

申し訳御座いません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.25.2016

Test program of imeZi 167!

画像-0024

引っ張られるような巡航性で、とても楽(笑)が出来ます~

imeZi167カーボンウィールセット、

ワイドリムに25Cや26Cタイヤで、高圧にせず走りますと

快適で速い

と皆様よりご好評頂いております。

画像-0019

imeZiのオーナー、Andrewさん~NYC出身の生粋のアメリカンGuyです。

国家と致しましてのUSA、自分は個人的に大嫌いでありますが

各々個人の方々はフランクでいい方達ばかりです!

画像-0023

シマノドライブですが

画像-0028

Panaracer closer plus 25CのNewタイヤをマウント致しました~

画像-0027

テスト車輪を1setご用意致しました。

ご自身の車体へセットして頂き、2週間~2回の週末をお試し下さい!

お貸出は無料です。

ご興味頂けます方は、c speedまでメール、お電話にてお問い合わせ下さいませ。

ガンガン使って頂きまして結構です。

167は23.5mm幅の55mm高リムにR/24H+F/20H

ペア重量約1600g~軽量決戦車輪ではなく、普段乗りで使うタフな車輪です。

015

是非ご自身の車体でimeZi167の走行性能をご確認下さい!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.23.2016

Love NITTO!

053

NITTO handle works/The real made in Japan!

052

Mod.55のブラックアルマイトとUIステム

020

032

使っておりますが、最高に使い易いハンドル/ステムだと思います。

純日本製~NITTOファンの方へ

044

042

NITTOのコーポレートカラー/スカイブルーに白いロゴ

043

コットン製レースキャップ!

3000JPY(Tax in)と少々お高いですが、Not中華メイドです~

ご容赦下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.22.2016

JFF 501 READY!

画像-0012

画像-0014

画像-0016

画像-0018

画像-0019

45mm off-set ストレートフォーク仕様

画像-0021

画像-0034

画像-0025

ボジョレ+黒の胴抜カラー

JFF 501 READYです!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.19.2016

Tokyo SSS JFF Mod.501!

画像-0005

カーボンコラムの45mm off-setのストレートフォーク~

ベントタイプでも43mm~47mm、

アルミコラムまで、フォークの選択肢は走行目的により多種あります。

画像-0006

画像-0009

日本人体型へ合せた特徴的なスケルトンに

501 gio 1

新日鉄住金の4130熱処理チューブ~フレーム本体/88.000JPY(Tax less)

試乗車体が御座いますので、是非For Japanese EXCLUSIVEの走行感を~

ご体感下さいませ!

JFF 501 2

抜群の走行感です。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.17.2016

Get well again by 3Action!

050

発汗で水分消失が激しい今の時期は、

追い込み走行をしていない状態でも消耗すると思います。

021

走行終了後、30分以内に摂りますと理想的な回復が望めると思います。

特に

ある年齢域を過ぎた中年世代(笑)の方へこそ、

リカバリーは重要になって参ります!

022

ベルギーの3Action/Muscle constructor  5.400JPY(tax less)

この時期、中年世代には必需品だと思います。

確実に効果を体感出来るレベルの物でありますが、ヤバい物質は~

含有しておりません(笑)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.15.2016

Minor improvement for Surface!

imeZi 1

今まで3シーズンは使っていると思いますGigantex WH-167ワイドカーボンリム~

その今までの167と

imeZi 3

下りでのブレーキングが何だか、とても良くなっている事を感じました。

シューをプロトタイプ~

画像-0008

右側がそのプロトでありますが、その影響と思っておりました。

本日Timへブレーキフィールを尋ねられまして~

全然いいよ!と言ったんです。

画像-0019

「サーフェイスも今の167はより良くしているんで、当然だよ」

とでありました。

サーフェイスを変えていた事~知りませんでした(笑)

画像-0017

画像-0016

画像-0029

今まで使ったカーボンリムの中では、ダントツにブレーキでの加熱が低く

アロイリムよりも峠の下りでは発熱は低いと思います。

画像-0001

どう見ても、怪しい(失礼!)USguysでありますが~

画像-0004

Timのビルドの正確性とバランスは、悔しいのでありますが

画像-0011

自分より~

画像-0013

上かも知れません。

imeZi167 carbon wheel-set、自信を持ちお勧め申し上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.15.2016

For dirt going!

014

ダート林道を走行致します事は

013

大変に

019

楽しいサイクリングのひとつだと思います!

034

楽しい反面、

033

舗装路では考えられないような事態やトラブル~

に遭遇致します事も珍しくはないと思います。

040

やはり、頼りになりますのは~

044

スポーク数の多い車輪だと思います。

026

1本位トラブルでイカれたと致しましても

他の35本が支えてくれると思います!

031

久しぶりに、36H/4crossでダート走行を致しましたが

スポーク本数の少ないハイテンションで硬い車輪とは~

035

振動吸収性は勿論でありますが、コントロールの自由度、安定性~

やはり違っておりました!

http://cspeed.jp/blog/lets-try-36h-4cross-lace/

軽いリムに、支えを多くして、張力は過度に高めない~

上がりも軽く、コーナーでも粘る車輪だと思います。

夏のツーリングや山岳サイクリング、林道走行~等々へ最適です。

時代遅れではけして無い内容を持つ車輪~36H/4cross lace wheel for dirt going!

是非お試し下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
  • c speed


    TEL 044-819-6037
    FAX 044-819-6038
    hiroshi@cspeed.jp

    川崎市高津区
    溝口3-7-12(地図)


    月/火/金 13:00~20:00 soft opening で営業させて頂きます。 ご来店頂きます際には、 ご一報頂戴出来ますと幸いで御座います。 早朝~深夜まで、ご対応可能で御座います!
    土日・祝祭日 13:00~19:00
    水曜・木曜  定休日