Blog

08.12.2018

Panasonic Ti vertion H//Ready!

アウトバデットのTiチューブ~の、Panasonic vertionHです。

Qfactor 145mm

杉野OX901

輝くラージフランジ~

鈴江のハブに、Rはアンシンメトリックの28H/38mm高のTLRリム~

http://cspeed.jp/products/frame/38mm-c-speed-speciale/

こちらのc speed speciale車輪へ

IRC FP tubeless RBCCを入れさせて頂きました。

グレード3のセラミックBB

30mm幅のナローレールサドルは、145mmQfactorのクランクと

回転のいいBBとの組み合わせで、更にペダリング効率が上がる~と思います!

14-28の11Sクロスミッション~

キャリパーは輝く74DA!

73度のNittoへ

3T competizione!

L前ブレーキのセッティングは、アウターアールが美しいと思いますが

ブラケット位置は走り込んだ後に本決めで御座いますので~

Fブレーキアウターは後10mmステムを上げても対応出来るように余裕を持たせ

バーテープレスの状態で御座います。

若干のシャクリを入れましたバーセッティングとレバーポジション~

推測では御座いますが、オーナー様へ合致するものと予測しております。

シルバー/ラージフランジ/丸ハン/73ステム~のクラシコへ

最新の足回りと変速システムで武装したPanasonic vertionH~

READYです!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
08.11.2018

Royal Norton Touring!

速く走る事だけが自転車では御座いません!

650Bの車輪編みから、本所工研のマットガードセッティングまで~

今回もフルコースでやらせて頂きますが

ランドナーは速く走行する為の車体では御座いませんが~

早く組む事も困難で御座います(笑)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
08.03.2018

FYI!

8月4日(土)5日(日)JBCF東日本実業団TR参戦

8月7日(火)~10日(金)夏季休業

8月24日(金)~26日(日)鉄中年鉄心会/南ア・パスハン林道ツーリング

上記、臨時休業を頂戴致します。

申し訳御座いません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
08.03.2018

5LINKS Rinko-Hub!

ハイフランジ~中年の皆様へは、泣けて来るビジュアルかも知れません(笑)

話題の輪行ハブ~

https://www.youtube.com/watch?v=FB8dd92lIZ8

https://www.youtube.com/watch?v=vxuWwpMYLQY

https://www.youtube.com/watch?v=kDB9YrAHcBA

32H/38.000JPY(tax less)~輪行サイクリグへは、最高だと存知ます。

ビルド致します!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.31.2018

Panasonic Ti vertion H//AGAIN!

渾身の3Dアウトバデット~住友メタル製別注Ti

マスプロダクションメーカーでありますPanasonicが

量産品と真逆のプロダクトを拵えております。

このスペシャルTiチュービングへは、海外からも問い合わせが御座いますが

彼等は我が国物造りの高度な緻密性及び、整合性~を認めるから

でしょうか?!

今こそ、Made in JAPAN~であると存知上げます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.28.2018

Randonneur AGAIN!

夏はツーリングの季節で御座います!

嘗てBSロードマンへ適当に荷物を括りつけ~朝から日暮れまで

走り続けまして

サロベツ原野のダートを延々と走り続けまして~

ヘロヘロのボロボロになり~お決まりの処へ(笑)

そして、我々と共にいつも夏を走りましたのは~

けして高級車体ではない、マスプロ車体~であったと存知上げます!

年月を経て時代はどんどんと高速化~道路事情も格段に進化致しました今

ロード車体を中心として現在我々は乗っている、と存知上げます。

しかしながら現在でも

ランドナーに乗りますと~やはり、何へも縛られない自由を

他の車種より強く、そして明確に感じられると存知ます。

今自分は~どうにもならない位に、自由だ!とで御座います。

五十路過ぎた我々が今

T○E○のランドナーに乗ってしまいますと~品評会(笑)をして楽しむマニア~

走らずに見て楽しみます事も、趣味ではあると存知上げますが~

敢えてそこへはアゲインストでいたい、例え衰えたEgでも!

なご同輩諸氏の皆様へは、

マニアの皆様からは入門車(笑)と見なされますノートンを転がす~

は如何で御座いますでしょうか?!

ランドナーを粗野で無頼に転がしまして、今の自由を自分なりに楽しむ~

他人様との相対比較や自慢へ反旗を掲げるエゴイスティックなランドナー

で御座います場合、純日本製のノートンスタンダードランドナーこそ合致する~

と私見ながら感じております。

Royal Norton standard Randonneur frame-set/Kaisei 022

51/52/53/54/56~各108.000JPY(tax less)

カラーはお好み次第へ塗装~塗装納期は約2週間で御座います!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.13.2018

Panasonic Ti vertion H ready!

レーザー加工でアウトバデットさせる~

何処でもチューブメーカーの出来物のTiチューブを通常は使うと思いますが

Panasonicの3D/Tiチューブは、完全な別注チューブで御座います。

チューブコンストラクターは、我が国が世界に誇る重金属メーカー

新日鉄住友金属~現在は社名変更しております日本製鉄で御座います。

アウトバデットしておりますTiチューブなど、他に類を見ず

これまでも存在していなかったと思います。

時代が量産とコストを追いかけてましても、唯一無二で理想を追う~

何と誇り高い思想でしょうか!

戦勝国USAは、

戦後我が国のこのような部分を恐れ財閥を解体した筈で御座いますが

石川島播磨~IHIの、XF9-1同様

住友Tiも、USAは一目おいているのかも知れません!

Cinelli Mod.65/クリテリウムバーで武装した

純国産戦闘機、

Panasonic Ti vertion/H

REDAYです!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.11.2018

Cinelli Laser details!

お問い合わせを多数頂戴しておりますLaser~

既に何名かの方にお運び頂いておりますが、ご要望を多く頂いております

全体カットや詳細~Products欄へ入れさせて頂きました。

ご興味頂けます方は、ご覧下さいませ!

31th July/Sold OUT thank you so much!

カテゴリー: Blog | コメント: 2 件
07.08.2018

Panasonic Ti vertionH!

新日鉄住友金属製のタイタニウムを~

このように複雑にアウトバデットさせたチューブを別注する~など

失礼ながら、コスト度外視の趣味の世界の事~だと個人的には感じます!

大手マスプロメーカーでありますPanasonicが

敢えてそれをやります事へは、USAのMBA理論とは真逆の信念~すら感じます。

スペシャルフィニッシュのブリリアントポリッシュ加工!

マッドブラックのカーボンなんか~

時代遅れも甚だしいと存知上げます!

全て日本製、全て手作業で、世界の主流であります量販品の真逆をゆく~

我が国を代表するマスプロダクションメーカーPanasonic!

尖ったロックンロールだと、心より感じます!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
07.07.2018

36H/4cross lace for happy rolling!

R7000!

5800よりラチェットサウンドが大きいと感じますが

爆音サウンドが好きな自分には、全く物足りない音量で御座います(笑)

XR-19W!

今の時代では貴重となりました輝くポリッシュに加えまして

ワイドリムが主流になりつつあります現在、実測400g少々のリム~

であります事も、貴重であると存知上げます。

Rは左落としで井上レース

Fは右落としでJISレース

8本取りの

4交差編み=4cross lace

基本的に交差数が多い程~

横の捻じれには強く

前輪16Hのラジアルレースと36Hの4crossレースで同じ強度の車輪~

を造ります場合、16Hラジアルレースの1本当りのスポークテンションは

36H4crossレースの倍の張力が必要になると思います。

スポーク本数を減らしました軽さの代償は、縦振動を受ける事となりますが

近年ラジアルレース車輪に増えておりますストレートプルのスポークは

従来型Jフックスポークより、明らかに横方向の捻じれには弱い~とも思います。

縦吸収が良く、横の捻じれにも強く、より真円性も増しますのが

36H4crossの特徴だと存知上げます。

輝く軽い外周に、路面を舐めるようにゆく車輪は~

峠の下りヘアピンでも、だらしないアンダーなどは出ません!

そして

林道走行で仮に1本位スポークが飛んだと致しましても~

そのまま走行可能=林道脱出可能、だと存知ます。

仮に16本や20本の場合に1本逝ってしまいますと~

走行困難or不能=歩くしかない、かも知れません(笑)

既に古いセオリーとなりました36H4cross lace車輪では御座いますが

この夏の楽しいツーリングへ~如何で御座いますでしょうか!

スポークテンションは、体重・乗り方・走行路面~等々で適宜調整させて頂きます。

R7000/X-keymet XR19W/Hoshi starbright 15straight/35.000JPY(tax less)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個