Blog

02.20.2017

Love Italy CHESINI!

019

007

015

017

 

018

022

1925年から現在までイタリアメイドを貫くビチボッテガ~

025

CHESINI!

ヴェナト州ヴェローナ、美しい街ですがCHESINIの工房は

ロミオとジュリエットのテラスから、歩いて5分程度の処にあります。

Trpezo1

Trpezo8

イタリアの何処の街でもおじさんがJK着て乗っております~

Trpezo7

このような車体から

speciale1

speciale7

specale3

columbus tubi~

GP c

GP e

44mmヘッド、下ワン1.5まで~

クラシコからヌーヴォまで、全てヴェローナの工房でのハンドワークです。

f6-p-strabia-05

f1-p-strabia-20

f4-p-strabia-23

最近流行の、グラベル車体もヘッド44+下ワン1.5+columbus Sprit OS tubeです。

Eric1

友人であります、私と同じ1964年生まれのオランダ人Ericは

オランダでCHESINIを中心とした自転車屋を経営しておりますが、

オランダでもCHESINIは好評、との事で御座います!

Ericのような元プロレーサーも一目置くCHESINIには~

Giogio Furlan

テクニカルアドバイザーとして、彼

GF2

MSも勝った、ジョルジオも仕事をしております。

彼は90年代、イタリアではエースを担えるレーサーでありましたが

ウーゴが贔屓にしたロシア人の為~

アシスト選手としてのチャンスしかありませんでした。

925 1

ステンレスの車体を持つ、CHESINIのボス・Osvaldo

彼は常に

10342752_753215191405380_3393325931469043329_n

自転車は情熱だ、

10557220_753215364738696_7406656188693962370_n

長い歴史が我々を支えている、

1911668_753217448071821_3775117942970452186_n

10154249_594993887265394_5990730346975670668_n

と言い、Jrへのサポートも積極的にやっております。

他所は知らないが、オレは中国製を認めない

自転車は我々イタリア人にとって~

10363878_594993453932104_5491464932995957078_n

人生そのものだからな!

ともで御座います。

イタリアの情熱と歴史へご興味頂けます方は、是非リアルイタリアン~

CHESINIへお乗り下さい!

http://www.chesini.it/

CHESINI jer1

現在の即納アイテムは、当クラブ出身・佐々木プロが持つ

GP c speed

CHESINI Mod.GP by columbus sprit HSS

GP H

c speedスペシャルデザインカラー/top 520mm

http://cspeed.jp/products/frame/chesini-mod-k-uno/

一見鯛焼きモノコックに見えますが、tube to tube工法のイタリアメイドカーボン

CHESINI Mod.K-uno

http://cspeed.jp/products/frame/chesini-mod-speciale/

最もバランスに優れているspritと思います

CHESINI Mod.specilae

3つのアイテムが御座いますが、これ以外のオーダーは

リードタイム約12週間となります。

Ve3

このショーモデル車体のアルミボトルは、私がCHESINIへ渡しました

我が国のマルイチ金属製の物であります。

彼等は我が国の物造りへの姿勢に敬意を示してくれてはおりますが~

現在の我々の現状は如何でしょうか?!

NY

時間座標は、歴史であり文化だと存知ます。

Love Italy CHESINI!!

CHESINIの車体はc speed以外、ご近隣サイクルショップ様を通じまても

お求め可能で御座います。

その際は、ご近隣サクルショップ様経由にてKK.c speedまでご連絡下さいませ。

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.18.2017

Panasonic Road Going KOTEI!

画像-0202

画像-0201

画像-0200

画像-0203

画像-0204

画像-0205

画像-0206

画像-0208

画像-0209

画像-0210

画像-0216

画像-0224

画像-0221

Q factor/135mm+30mm narrow rail saddle=Best spin!

Go for launch by Panasonic Road Going KOTEI!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.17.2017

Meaning made in Japan!

画像-0150

画像-0154

画像-0156

画像-0157

画像-0159

画像-0160

今こそ、日本製の意味を考える時だと思います。

Meaning mede in Japan,Panasonic!!

そして今、一番エッジーでラディカルな乗り手とは~

美しいペダリングと美しいフォームで

スティールレーサーを転がす乗り手、で御座います。

Restricted age 35!! 2017こそ~スティールレーサーで参りましょう!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.11.2017

How difference between 11 and 21?!

2017Pana

2017のPanasonicのNew~FRCC11

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/info/index.html

数名の方より、何故8630RフルのFRCC21より55000JPYもお高いのか?

とのお話を頂戴しております。

自分も、トップとダウンに8630R、それ以外は017で~何故?と疑問が御座いました。

21よりトップのダイアメターを31.8へ口径UPしておりますし

設計の狙いは更なる剛性と撓りの融合であります事は明白だと思います。

kanamori3

TiフレームへimeZi 167を入れておられます、PanasonicのK氏~

kanamori2

K氏はガチのCXレーサーであられますが

kanamori1

55000JPYの差について、教えて頂きました。

フル8630Rの21に対しまして、11はインテグラルヘッドになりましたが

このヘッドとラグは既製品ではなく新規品として造られたそうです。

FRCC11 1

当初は台湾メーカーへ作製依頼していたそうでありますが、

Panasonicの内規精度を出せず、その台湾メーカーはギブアップ(笑)なされ~

国内の精密Eg部品やプロペラ・スクリュー等々を手掛ける某社へ作製依頼~

ここで一気にコストが掛ってしまったそうです。

そのような高精度のcasting productsを出せる処は、

FRCC11 4

我が国を代表致します、あの某社だと存知ます(笑)

加えまして、シートを中年殺し(!)の巻きステーにして12%強度UP~

工作自体もよりアルティザンワークを必要とするMede in Japanプロダクト、

FRCC11 2

となっているそうで御座います。

重量が僅かに21より嵩んでおります事は、インテグラルヘッド故~でありますが

21へワンを圧入した状態ですと、かなり接近するかも知れません。

FRCC11 3

何故ここまでして、丸ハン入れないのでしょうか!!

マースバーはc speedで入れさせて頂きます(笑)

唯一生き残った国内生産マスプロメーカーPanasonicが~オールジャパンで

中華や台湾OEMヘ立ち向かいます。

Panasonic渾身のNew、Japan firstな方は是非お乗り下さい!

Panasonic FRCC11 frame-set by Kaisei8630R con 017/200.000JPY (tax less)

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.10.2017

Can you keep your Passion?!

加齢と共に情熱も、前向きな気持ちも萎えて来る~

トシは喰いたくないものだと、つくずく感じる次第で御座います(笑)

そして情熱も気持ちも萎えた我々中年世代の面々へは

せめてボトルの中の飲み物の温度位は維持したい、と存知ます。

画像-0054

テルモスと言えば、魔法瓶~ベルリンを由来とする魔法瓶であります事は

どなたでもご承知だと存知ます。

画像-0055

彼等のお家芸、真空遮断で熱を維持するボトル~

画像-0088

600mlの容量の自転車用がニュープロダクトとして出て参りました!

画像-0081

エンボスのゴムベルトでホールドも考えてあります。

画像-0082

画像-0083

プシュオープン式

画像-0084

+ストロー

ダート走行にはいいかも知れません!

画像-0091

通常のホトルとの差はこの位ですので、車体のビジュアルが最悪になる~

ロングボトルは絶対に許せない、って方へもギリギリアグリーかも知れません(笑)

画像-0093

画像-0096

家電のような詳細な取説は、企業姿勢を示していると思います。

流石、資本金400億に迫る歴史ある企業だと存知ます。

来月の決算見通しも一昨日リリースのIR情報を拝見致しますと、上方修正~

税引前利益/3.000百万で、VS  most recent forecast 6.2% UP!!

リンカイ各社など比較対象にもならない優良企業様であられます!

http://www.thermos.jp/product/scene/cycling.html

真面目な日本企業が放つ、魔法のボトル~これで枯れて

ただ漏れ(笑)になりました我々の熱を、再度キープ致しましょう!

個人的にはあまりこのテのプロダクトに興味は御座いません

間違えました、あまり積極的では御座いませんが~

当社の太客~また間違えてしまいました

上顧客様がご勤務であられます企業様のプロダクトで御座います。

主にツーリング等々へは最高だと存知ますので、使わせて頂きます!

Can you keep your Passion?!Okey,let’s ride with vacuum insulation bottle of THERMOS!!

36.00JPY(tax less)

カテゴリー: Blog | コメント: 2 件
02.08.2017

Fitting for over the age 35!

今のポジションが何だかしっくり来ない~

お尻や肩が痛くなる~等々の方は意外と多くおいでだと思います。

画像-0002

画像-0001

画像-0004

後輪固定ローラーで、ポジションとクリート位置を拝見させて頂き

その後~

画像-0013

交通量の少ない環境で実走行~

画像-0022

自分のような者が大それた事で御座いますが、

35歳以上の中年世代の方々へ、フィッティングサービスを~と考えております。

画像-0025

基本的にはマンツーマン形式とさせて頂きますが、最大2名様までが

限界で御座います。

930~1130、約120分の所要時間で38.00JPY

35歳以上の方でも、シリアスにレースを目標となされておられます方~

は自分には無理で御座います!

https://www.youtube.com/watch?v=4c085bz4b7s

腰を引き大腿裏側の筋肉群も使い、楽に走りたい~との方がおいでの場合

cspeed.koyama@gmail.com

までご一報下さいませ!

091

サイクリングを何時までも永く~、楽しみましょう!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.07.2017

Campy shamal VS imeZi 167!

画像-0083

shamalにIRC tubeless

画像-0084

Duellのdedaccai SAT 14.5で使っておりす。

http://www.duell.nl/index.php

画像-0055

23Cのチューブドでは、自分程度のアシの乗り手にシャマルは~

画像-0081

硬過ぎて、どうにもなりませんでしたが

チューブレスの25Cにして以降、なんとか乗れるようになりました(笑)

画像-0053

本日のような北風が強烈な条件下でも

鋭く加速する硬い車輪のシャマルは、大変気持ちいいと思います。

画像-0091

167+Panaracer closer 25Cチューブドに入れ換えまして

画像-0092

同じ処を走行致しました。

ダッシュでは少しモタつく167~加速反応はシャマルだと思います。

反面、巡航性は~明らかに167だと感じました。

これは55mm高のリムと低いリムの違いだと思います。

画像-0087

ハイトリムでの外周重量から来るダッシュでのモタつき~

これを解消出来るのは、やっぱりチューブを抜いた

チューブレス化だと思います。

047

チューブドとチューブレスの167では、恐らく何方でも感じられる差があります。

転がりもチューブレスの方がいいと思います。

167は普段使い車輪でレース用には向かない~レース用はチューブラー

そう感じておりましたが、チューブレスの167ならレースでも大丈夫だと思います!

クリテリウムのような一瞬の立ち上がりではシャマルですが

高速巡航性と転がりなら167~だと感じました。

画像-0088

画像-0089

チューブドとチューブレスの167、テストライド可能です。

ご興味頂けます方は是非ご体感下さいませ!

http://imezi.jp/

画像-0100

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.04.2017

SOMA Rush street Track!

画像-0043

SOMA Mod.Rush!

あれ程世を席巻致しましたピストブームが終焉後

このSOMAを初め、USAのストリート系を売る側と乗る側の方々は

判で押したが如く皆様全員CXへ!

な現在だと存知ますが、流行りが終わった今こそSOMAかも知れません(笑)

画像-0044

Tange Prestigeは、粘って撓るバネのような爽快な走行感だと思います!

画像-0046

フォークは同じくTange Infinityです。

Rushのフレームセット価格は60.000JPY(tax less)と廉価ではありますが

ジオメトリーは本格的TR車体だと思います。

画像-0045

Head angle 74/Seat 75.3/Fork rake 38mm

画像-0050

Back length 388~と思い切りよく詰めております。

画像-0051

カカリ優先と思いきや、

画像-0055

BB drop 58で、53sizeで953mmのwheel base~

短い事での俊敏性を、58下がりとトレイル56mmで安定性を確保~

ギア車とは別の走行感を存分に味わえると思います。

画像-0084

タイトQファクターのSugino 75クランクと、30mmナローサドル

画像-0101

TR車体で重要な駆動系は廉価品では御座いません。

画像-0053

スレッドヘッドへ、わざわざアヘッドコンバターを入れております理由は

画像-0085

即、戦闘用首下がりステムやハンドルの交換を考慮した為です。

画像-0087

ダイヤコンペの街道TR用ブレーキレバーは、ドライバー1本で直ぐに外せます。

画像-0089

アルミへカーボンを巻いたハンドルへは、敢えてニギリもテープも無しで

シルバーのエンドキャップのみ~

画像-0100

アーチは5ミリアレンキーで簡単に外れますので

画像-0104

バンク走行も即可能なように、ケーシングクリップも無し~

男らしい(笑)トップチューブ巻きLookです!

画像-0054

グランコンペの前輪に

画像-0105

GSAstutoの50mm carbon clincher rim

画像-0109

モガく男の街道車~

画像-0096

廉価フレームでも駆動系は惜しまず、Savageな出で立ちのストリートTR

画像-0110

この車体は流行りなど意に関せず、な深町艦長をイメージ致しまして組みました。

構わん、ブチ当てろ!の、深町艦長で御座います(笑)

粗野で野蛮な男の街道TR~平和な世の中に、モガきを入れる酔狂な方~が

万一おいでの場合、ご一報下さいませ!

Top 535/Seat 530、

165mmクランクに49/15+16、FR車輪以外は全て新品パーツで組みました。

SOMA Rush street Track for savages!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
02.04.2017

imeZi 167 test ride wheel!

画像-0027

画像-0019

画像-0001

テスト用車輪、2週間程度のお貸し出しが可能で御座います。

高速巡航性と乗り心地の良さを、ご自身の車体でお試し下さいませ。

Timがビルド致します車輪は中国人のパートのおばちゃんがビルド致します~

多くのスティッカーブランド車輪(笑)とは違います!

http://imezi.jp/

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
01.31.2017

Colossi stainless for sale!

029

021

KVA MS3!

026

テスト車体のColossi KVA MS3ステンレスフレームセット~

Top c-c 520mm/Head angle 72/Seat angle 74/BB drop 72

http://cspeed.jp/products/frame/colossi-kva-stainless/

大事に扱っておりましたので、目視の範囲で傷はありません。

車両入替えの為、for saleです!

現在のレートと、colossi側の価格上昇により同じフレームは

240.000JPY(tax less)より値上げせざる得ない現況で御座います。

フレーム・フォーク・ヘッドセット・BB~150.000JPY(tax in)!

ご希望の方へはスペア用セラミックBB(赤)も差し上げます。

Sold out THX!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個