Blog

12.08.2017

Worth it!

001

circus monkey社のカラーハブ

003

Gigantex社のワイド幅

002

55mm高のクリンチャーカーボンリム

004

ハブカラーとロゴスティカーチョイスは各色可能です。

007

スポークはDT campion2.0でF20H/R24H

大変タフな車輪ですので、ダートからデイリーユースまで遠慮なくOKです。

80.000JPY(tax less)!

30万円オーバーの車輪でも、どこのリムを使い、誰がビルドしたのか~

メーカーは公表致しませんが

何を使い、誰がどうやってビルドしているかを全て明確にしております!

imeZi167///Worth it!!

是非価格以上の内容をお試し下さい!

https://imezi.jp/

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.06.2017

A real made in Italy CHESINI!

097

1925年からVeronaで操業致します工房CHESINIは今尚

one by oneでビルドし続けております。

chesini prima 6

Yukiko P

外注OEMではなく、本物のイタリアメイドをお望みの方は

是非、CHESINIに乗られてみて下さい。

濃いイタリア車を身体の芯からお感じ頂けると存知ます!

http://www.chesini.it/

A real made in Italy CHESINI!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.06.2017

Time is Cafe Racer by imeZi 167!

077

old schoolのフレームヘ

078

081

現代の制動力を持つ最新CNCアーチ

079

ペダリングは別物の如く軽くなりますBig pully

082

55mmハイトのカーボンリムには、最新のチューブレスタイヤ~

086

old school+newest!

イメージは

cafe racer

Cafe Racerです(笑)

オトナになっても、ロボットみたいなバリバリのレーサーへお乗りでしょうか?!

或いは、コテコテの回顧主義車体で、ややこしい中年~でしょうか?!

一歩引いた方が~

091

モテないでしょうか?!(笑)

083

imeZi167で武装するold school車体~

ネオコラシコ+NEWを融合したカフェレーサー!

有名ブランドを買収したファンドがOEM生産のガラクタプロダクトをPRする~

そのアドバタイジングフィー目当てで

提灯インプレッション記事を連発する自転車雑誌~等々

混迷と混沌を繰り返す現在を、切り開く車体だと思います(笑)

Time is Cafe Racer!

https://imezi.jp/

人力カフェレーサーを転がし、ingを切り開く男子の方々がおられます場合

チューニング、新規車体ビルド~承ります!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.06.2017

Corse Nove Single by Eleven!

047

GTケージで引く

048

FDレス仕様の

052

Corse Nove Sigle by Eleven!

042

043

055

058

数週間実走を致しましたが

045

Rカセット/12~19を1丁飛びフルクロス+23/25/28

036

F42との組み合わせは、11枚全部を

023

019

気持ちよく使い切れる、と思います!

現代の11Sギアは通常、インナートップとアウターローのポジションは

チェーンドライブが厳しく実質は使えないと思います。

チェーラインの出方次第では、インナートップ+1とアウターロー+1~

22通りの内4つが使えない、もあるかも知れません。

また、使えたと致しましてもチェーンラインは大きく曲り駆動感は悪く

チェーンの摩耗も早い~

049

アウターリングの位置を適正化致しまして、

11枚全てを使えるチェーンラインを出し

060

139mmQファクターの167.5mmクランクでペダリングの適正化を図りまして

059

無理なく自然に回転数が上がります

051

30mmレールのナローサドル

057

全ての無駄を省き、ある物全てを有用化致しますSingle by Elevn!

063

厳しいツーリングルートへは

14~21の1丁飛びフルクロス+28/32/36の~

062

スーパーツーリングwheel!

066

厳しいルートへなら、万一のトラブルでも確実に乗り手を守る~

36H4cross lace wheelだと思います。

衰えた中年世代をより快適に楽しく走らせる8枚フルクロス+3枚の登りコグで

11枚を全て使いきるフロントシングル仕様~Corse Nove Single by Eleven!

新車組み立ての他、

既存車体へのチューンも可能で御座います。

ご興味頂けます方は、是非ご試乗下さいませ!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
12.05.2017

FYI!

12月8日(金)~9日(土)

都合により臨時休業とさせて頂きます。

申し訳御座いません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
11.25.2017

Get the best rolling balance!

008

008

008

010

012

タイヤをマウントした状態で、完全にバランスした回転をする~

そのような事は通常有り得ないと存知ます!

バルブエクステンダーにマグネット類~バランスを崩す付属物は

結構存在致しますが、高回転になればなります程

017

バランス加工は

020

車輪の共振に、効いて参ります!

021

バランス施工1wheel/1.500JPY(tax less)

高速ダウンヒルの安定性や、走行高効率化へダイレクトに効果が御座います。

まだの方は是非~お試し下さいませ!

Get the best rolling balance!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
11.25.2017

Special offer/imeZi 167!

画像-0120

画像-0116

画像-0049

Gigantex 167のワイドカーボンクリンチャーリム

+サーカスモンキーハブ

このバージョンを、80.000JPY(tax less)です!

ハブカラーバリエーションは各色無くなり順次次第終了とさせて頂きます。

画像-0001

スペシャルオファーでも、ビルドには手を抜きません。

006

ご安心下さいませ!

Gigantex社のMod.167リム単体のお値段を知る方でありますと

80.000JPYでは何処にプロフィットがある?

画像-0027

そうお感じになられると存知ますが

ワイドカーボンクリンチャーリムの速度域と

快適性のバランスをまだご体験なされておられません方は

是非この機会にご体感下さいませ!

Special offer imeZi 167 but passed one day from Brack Fri(LOL)!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
11.24.2017

FYI!

11月26日(日)

レースの為、臨時休業とさせて頂きます。

申し訳御座いません!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
11.23.2017

Time is Tubeless!

053

003

パワーの絶対値が小さい女子でも

011

015

衰えた中年男子でも

004

飛ぶように転がりますチューブレスタイヤ!

乗り心地もコーナリングもよく、

一度乗ってしまいますと、もうチューブドには戻れないと思います。

090

我が国のディストリビューターさんは何故か、

DTのJフックモデルしか入れておられませんが

092

ストレートプルモデルのDT350

094

095

を使いました

091

imeZi167

097

ニューモデルのV2バージョン!

100

55mmリムでは、従来より単体で約70g軽くなり

ご覧の通りチューブレスレディとなりました!

画像-0004

ビルドはTim Smith~彼のビルド技術は、

完組車輪の中国委託ビルド工場のバイト工員さん(笑)とは全く別です。

102

imeZi167 new V2vertion with DT350 straight pull(119.000JPY taxless)+tubeless tire

是非、お試し下さい!

103

Time is Tubeless!!

カテゴリー: Blog | コメント / トラックバック: 0個
11.18.2017

Re-start by classical modern!

数年前にカーボンフレームから

Panasonicのプレステージスティールへ、フレーム載せ換えをさせて頂きました。

6600シリーズの構成とキャリーオーバーした車輪は

時間経過もありまして、見た目は相当なボ○(笑)

失礼致しました、相当なお疲れモードとなっておりましたが

classical modernをテーマにモディファイさせて頂きました!

002

STIレバーはレース参戦が視野に無い場合、マストではないと思います。

003

SL7900ダウンチューブレバー!

008

ロゴカラーと合せ、ワイヤーも白へ

006

実測Qファクター152mmでありました6600から、139mmのLa crankへ

007

デザインが大変にキビしい(笑)La crankのギア板は使わず、杉野へ!

009

重たいSTIレバーとは決別致しまして

013

015

ブラウンカラーのレザー風テープ~で、クラシカルに致しましたが

018

004

アシ周りは、GSAstutoアルミワイドリム+IRC FP light tublelessで最新のモダン!

010

ハブはRS400、スポークは星1.8mmストレート~

019

贅沢はしておりません。

005

しかしながら、ペダリングを含めた走行ローリング性には拘りました。

008

走る事へ主眼を置き、Re-start

クラシコとモダンで走るオトナの車体~とさせて頂きました。

車体の最適化とモディファイ~各種承ります!

カテゴリー: Blog | コメント: 2 件