About

こんにちは!
c speedです。
自転車の楽しみ方は、いろいろだと思います。
風を切ってサイクリングする!
力の限りレースで走る!
自転車で走る事は、最高に贅沢で豊かな時間とも言えると思います。
一方、我々は現代社会の今を生きてもいます。
そして人生には、いろいろな局面があります。
同時に、いろいろな決断に迫られる事も多いと思います。
ストレスフルな現代社会へ立向う我々には、何かの支えが必要かも知れません。
その支えとは?
自転車に乗る事が最適だと思います!
自転車にはバックギアも無く、自分の力でしか前へ進みません。
後ろへは進まず、自身の意思と力でのみ前進する乗り物です。
人生と似ていると思いませんか?
向風、登り坂、下り坂・・似ていると思います!
自転車に乗って、全てを前へ向けていく行為は美しい、とさえ自分は思います。
c speedは、美しい行為に必要な、美しいフォーム、美しいペダリングを追求します。
速さだけを追求する行為とは別です。
楽しく、人生を豊かにする自転車を・・
より美しく、かっこよく、楽しく乗る行為を追及する場所でありたいと願っています。
トラックレーサーやロードレーサーは、それぞれカッコイイ乗り物です。
乗り手も、相応でありたいと願っています。
そして願わくば、より速く、より美しく。
ご一緒に、追い求めましょう!
c speed
 H.koyama

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*