Panasonic Mod.ORCC12!

普段あまりメーカーのコンプリート車体を

ご用命頂きます事は稀で御座いますが~今回

Panasonicの完成車体をご用命頂きました!

いまや貴重となりました純日本製で御座いますPanasonicは

構成部品にも~日東

ステム/ハンドル/ピラー

福島メイドの~Nittoで御座います!

そして、同じく福島に拠点を持ちます

国内唯一のチューブメーカーKaisei

元々はc speedの地元で御座います川崎に御座いました~

石渡製作所がルーツで御座います。

8630Rは優秀なチューブで御座いますが

一般のウイークエンドライダーの皆様へは少し硬い~と

自分個人は感じます。

8630Rと017をコンバイン致しましたこのモデルには

テスト車体を4週間乗らせて頂きました。

自分には少し硬い~と感じておりましたフル8630Rに比べ

明らかにアシが残る+疲れない!

と感じた次第で御座います。

勿論、強い方で筋力パワーも持久パワーも備えておられます場合

フル8630Rは強い味方で御座います事は確実で御座います!

しかしながら

そこまでシリアスではない~方へは

態々オーバーサイズヘッド用のラグを独自で拵え

しかも

応力解析で最適化するべく~複雑なエッジングシェイプにまでして

ラグドのフレームワークに拘るPanasonicは

大いなる選択肢足り得る~と存知ます。

我々世代には感涙もの(笑)で御座います~

巻ステーまで造作に加え

同じく

我々世代がどうしても見入ってしまいます~地面と平行セットの

ホリゾンタルドトップチューブデザイン!

もう、プロレーサーが乗るようなバリバリの車体に乗れる程~

バリバリのアシはない

でも

全く過去戻りの車体では~男子としての沽券に関わる(笑)

そのような皆様のお立場へ、激しく琴線に触れる車体~

オレは今でも~

これでも~現在進行形の男子だ!

を高らかに主張致します純日本製車体~

Panasonic 渾身のプロダクト~Mod.ORCC12!

納期未定なプロダクトが多い中

自社大阪ファクトリーでペイントまで完結出来るPanasonic~

これまで、納期に遅れた事は一度足りとも御座いません。

世界は効率で動けど~動かせない何かがある

それを~頑なに国内生産を続け、譲れない何かを守る

国内で唯一生き残りましたマスプロダクションメーカーは

Mede in JapanのPanasonicで御座います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*