You must change RXS!

1986年、50.1シリーズ登場以来~

equip,impact,rxs,ilic~そして、xpressoと進化して来たTIMEペダル!

踏みのブレを稼働で逃がし、

膝の故障を未然に予防する事が最大の特徴だと思います。

 

人間である以上、左右の脚の長さは微妙に違う筈です。

そして、どんなに精度が高いペダリングスキルがある乗り手でも~

真直ぐな円軌道でペダリングはしていない筈です。

360度中、どこかで微妙にブレが出ている筈なんです、生身の人間である以上は!

完全固定型のペダルの場合、そのブレはどこが吸収しているのでしょうか?!

・・膝を中心に、股関節、足首~などだと思います。

自分はずっとTIMEですが、未だ決定的な故障はありません。

・・故障する程のトレーニングを重ねていなかった、、事が第一です(笑)

しかしながら、TIMEペダルを使い続けている為~も、大いにあると考えております。

初期段階は、お値段も高かったのですが、現在は違います。

TIME RXS first 8400JPY!

一番安いRXSシリーズです。

初めてビンディングベダルを付ける方へRXSは~

ステップインに独自の感覚がありますので、お勧めしているのはiclicです。

しかしながら、慣れている方、他の固定型ペダルを現在お使いの方へは~

RXSをお勧めします!

しかも、一番お安いので十分です。

何故、今期に於いては3世代前のモデルとなるRXSが残るのか?!

シリーズ中、踏面積が一番広く、安定したペダリングと~

若干ナーバスな板バネ式ではない、従来式金属コイルスプリンング~

ラインからRXSを外さない理由は、TIME自身が一番知っている筈です(笑)

 

このオフ、絶対にTIMEペダルにするべきです。

自転車を、永く、楽しく、美しく乗る為に!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>