The another Panasonic by 8630R!

現在自分が乗るサイクリング車は、

レイノルズ853と丹下プレステージのチャンポン車です(笑)

安い部品で組んだ、とても質素な車体です。

全く不足は感じません、自分レベルのアシであれば!

そして何より~

走るフィール(曖昧で申し訳ありません)がとてもいいんです。

・・これは、個人の好みによる部分も大変に大きいと思います。

そして、恐らく~

この車体と、そのフィールはよく似ている?!

って考えております。

今期地味に変更された事があるんです。

小さいのですが、その最大の注目事項は~

エンドがストレートエンドから、ロードエンドへ変更となった事です!

これは、ロード固定車体の観点からは見逃せません(笑)

Kaisei8630Rのトラックレーサーにも乗っていた時期がありますが~

硬いと評判を聞いていたよりむしろ、、

自分好みの粘る感じでした。

そして、粘る弾性があるフレームのフィール・・

乗ってしまうと、もう戻れません(笑)

カー○ボ○なんて、要らないだろ!(大袈裟で申し訳ありません)

この車体、どこまでも走り続ける~気持いいぃ~

3つ峠越えても、まだなんとか帰れそう~って感覚です。

レースカーボン車なら、3つ目で引き返すかも知れません。

3つ目を踏み切れるアシ~憧れますが、現実的に自分では不可能です(笑)

 

丹下プレステージと、この8630R

Rエンドがロードエンドへ変更となった今期、

大いに悩む事になりそうです(笑)

国産で唯一残るチューブコンストラクター、Kaisei

そして、そのKaiseiがトップレンジに位置ずける8630R!

丹下は現在、国産ではありません。

正確な意味で、オール純国産なのは~

このモデルかも知れません。

そして、フルオーダーなら~

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/fpos/fpos_crmo.html

フォークをスレッドの鉄でヤル事だって可能です。

男は誰も長距離レーサー

エンブレムを胸に、走り続ける~

=サントリーのエンブレムってお酒のTVCM、ご記憶でしょうか?

80年代、ツールの美しく流れるプロトンの映像をバックに~このナレーションのCMがありました。

長距離レーサー、、

男は、誰でも?!

走り続ける、、

男は、誰でも!!

8630R product by Kaisei

120.000JPY(Tax in)!!

 

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

6 コメント

  1. ナイナイチー
    公開日時: 8月 13, 2012 - 9:18 pm | パーマリンク

    Kaiseiのシクロまで待つわけにもいかずですよね?
    台湾丹下のシクロのロールアウト期待してます!

    • hiroshi
      公開日時: 8月 14, 2012 - 5:48 am | パーマリンク

      ナイナイチーさん

      おはようございます。

      首都圏エリアでのピンを踏むのは~

      どなたでしょうか?!(笑)

  2. ナイナイチー
    公開日時: 8月 14, 2012 - 9:43 am | パーマリンク

    どなたでしょうか?!(笑)
    炭車の次はポン車は確定なんですけどね。

    • hiroshi
      公開日時: 8月 15, 2012 - 1:12 pm | パーマリンク

      ナイナイチーさん

      I thought that the guy is you surely:D

      cheers,

  3. ナイナイチー
    公開日時: 8月 16, 2012 - 11:31 am | パーマリンク

    174センチ80キロ40歳です!
    ほぼ完成体であります。

    • hiroshi
      公開日時: 8月 16, 2012 - 2:47 pm | パーマリンク

      立派なご体格ですね!

      8630Rが硬いとか、破断に弱いとか~

      いろいろ言われるのは、造り手側も多く仰せだと思います。

      硬質チューブ故、加工が面倒だからの言い訳も含まれているかも知れません。

      黙ってラクな019造らせろよ、みたいな(笑)

      軸があるのに、ねばる感じもある感覚~自分はいいと思います。

      それから、パナは口が裂けても・・面倒などとは言いません!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>