Test saddle!

通常の44mmレールのサドルに対して、

30mmレール幅のサドル

昔から、ペダリングの回転感覚重視、狭く膝を締め

正確で強いペダリングを繰り出す、いえ、要求される~

職業レーサー専用に、そのサドルは存在していました。

現在、世界で一番美しく、一番品質が高いスレッドステムは~

日東パールだと思います。

そして、同じ意味のシートピラーは~

日東SP72型です!

職業レーサー専用品としての物ですから、2本の6ミリ(普通は5ミリ!)で、、

サドル角は無段階調整可能です。

そして、SP72型には~

サドルレール幅、30mmと44mmの二つのラインがあります。

職業レーサーが拘る、ペダリング感覚と回転を邪魔しないナローなサドル

プロの道具が民生化された、このサドルです!

流石にカシマのナロープロモデルは、ロードじゃ無理です(笑)

トップから内腿へのシェイプを大胆にカットしているものの、

尾骨の当るリア部分はしっかりと残してあります。

腰を引くポジションでも、安定します!

そして、回転は~

このサドル、間違えなく出ると思います。

ピラーボディも比較的安く(・・相当お安いと思います!)

ヤグラ部分の交換だけで、ノーマルサドルへの交換もOKです。

このナローサドル、自分が8週間使いました。

テストサドルとして、ご希望の方へお試し頂けます!

写真のナローサーティソウルは、シリーズ中でトップモデルです。

それでも、8190JPYです。

ピラーとヤグラのセットでも、約5000JPY以下です。

某イタリアのブランドサドルでも、同じロジックの物がありますが・・

専用ピラーと合わせると、大変に高価です。

日東SP72型と30mmサドルを合わせる、とか

黒、白、オレンジ、ポリッシュがあるグランジのピラーと合わせる、とか~

色々と選択肢はあります。

一般的にサドルに求める事は、座りの感覚~とかだと思います。

或いは、相性でしょうか?!

肝心な事が抜けているのではないでしょうか??

回転出せるか、そうでないか

Egが自分自身である以上、そこは拘るべきと思います。

外踏みペダリング、縦踏みペダリングの方へは~

不要な物です(笑)

ペダリングの精度を求めたい、上手くなりたい、って方へは~

非常に価値がある物だと思います。

ご希望の方は、ご一報下さいませ!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>