Panasonic Prestige!

034

丹下プレステージは、今まで何本も乗って参りましたが

個人的な感覚で御座いますが~チューブの銘柄は同じでも

造り手次第で全く印象が異なります事も、プレステージで知りました。

粘る粘らない、硬く感じる、撓りを感じる~様々で御座いましたが

027

低温溶接用の別注チューブであります、

026

Panasonic!

032

https://www.youtube.com/watch?v=9tFi8JVi_Lg

熱処理チューブやニバクロ等々、いいチューブは数多御座いますが

Panasonicのプレステージは全てのスティールフレームのベンチマーク~

と言い切れると思います。

030

このベンチマークを基に、目的・速度域・乗り方~等々で

枝分かれする選択肢がある~

033

選択に迷われた際には、Panasonic Prestige~だと存知ます!

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/

全て自社工場内製、外出し工程ゼロ+時間の蓄積、は

走行経験も無い個人ビルダーが仕上げだけに熱を入れる盆栽プロダクト(笑)とは~

お値段も内容も、隔絶の差~であると存知ます。

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>