Street training TR!

020

026

普段街道で使っておりますSomaのストリートTR~で御座いますが

028

前後のブレーキホールもフレームにありますので

アーチはギア車と同様に装着出来ます。

014

バック388mm+レーク38mm~

ジオメトリーはトラック車体ジオメトリーですので

Road Going KOTEIとは違う車体となりますが、

街道で遠慮なく乗りますには最適なお手頃車体~だと乗って感じております。

フレームがお安い分、車輪をカーボンにする~等々、拡張性も持てるとも思います!

019

Somaは丹下プレステージで御座いますが、

4130フレーム+丹下インフィニティーフォークのPake!

自分の乗っておりますSomaとジオメトリーはほぼ同じです。

53で前角74度の横54~は、

ギア車の考え方とは異なる、TRジオメトリーのあり方で御座います。

020

3カラー展開で、サイズは51と53のみ

Pake2

黒はフォークがユニクラウンタイプとなりますが~

Pake1

緑と

Pake3

金はクラウンフォークとなります。

フレームSet/30.000JPY(tax less)!!

色目も、お値段の割には十分以上~と、個人的には感じます。

これからTRに乗ってみたい方や、遠慮なく使える街道車体をお考えの方

仕上げや見た目より、走る事を優先なされます方~

へは、最高のディールであると存知ますが

数に限りが御座いますので、sold outの際は申し訳御座いません!

ピスト兄ちゃん達が絶滅した今こそ~彼等の残り遺産(笑)を

バック388とドロップ58で、本来の使い方として生かすStreet training TR!

USAストリートカルチャーなんて、クソ喰らえ!

の、反逆の意味を込めた乗り方~で御座います(笑)

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*