For the best pedaling!

フレームは少し撓るのが好みですが、

トレーニングを尽くしたレーサーなら、全く別だと思います。

硬いのを踏んで、最後まで踏み負けない身体~

憧れます!

誰にでも、

スティッフネスなレーススペックの車体を踏みこなせる訳ではないと思います。

でも、シューズソールは~

なるべく硬い方がいいと思います。

ソール剛性に溢れる、島野SH-R320

ソールが少し撓る物を好む方に、多く共通するのは~

縦方向の踏み重視のペダリングスタイル、と言えるかも知れません。

回転ペダリングでソールが撓ると、軌道がブレるので~

撓らない物が好まれる傾向があると思います。

踏み重視としても、回転ベースがある上の~踏みなのですが、、(笑)

特に~

あと、2mm浅くセッティング出来れば・・って、方へ

今期新型のSH-R320は、更に浅いセッティングが可能です!

これで、自己責任で別の穴を開けて~の必要から解放されます(笑)

今期の島野シューズの注目は、

中間グレードであるSH-R170

この機種にも~

浅くセッティング出来る事だと思います!

現在市販されている多くのシューズ、

一番浅くクリートセッティングしても~

結構深いと思います。

縦の上下運動のペダリングであれば、構わないと思いますが~

一度、若干の浅めセッティングをトライしても損はないと思います。

流行のケイデンスってのの数字、違う筈です(笑)

ヨーロッパのロードプロでも、クリート穴を別に開ける選手がいるのは~

回転の上に、踏んでいるからだと思います。

そして、その回転軌道を支えるのは~

強く撓りの少ないソールだと思います。

ペダリングスキルを真剣にお考えの節には、

ソール剛性とクリートポジションが重要です。

SH-R170、2万円アンダーの19950JPYなら~

バーゲンプライスだと思います!

そして、予算が許す場合、シューズは~

一番いい物をお勧め致します。

自分は、部品はティアグラ(笑)でも

シューズは一番いい物を昔から使っております。

これは、先輩諸氏から教えられて来た為です!

皆さん、シューズには拘って下さい!

 

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

2 コメント

  1. ごり
    公開日時: 1月 29, 2013 - 10:25 pm | パーマリンク

    今日はありがとうございます。シマノシューズとPANASONIC8630Rでどう走り方が変わるのか?楽しみです!

    • hiroshi
      公開日時: 1月 30, 2013 - 2:43 am | パーマリンク

      ごりさん

      こんばんは。

      本日は有難う御座いました。

      カーボン車から8630Rですので、

      当然変わると思います。

      プラ底の靴と、カーボン底の靴も~

      当然、変わると思います!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>