The Benny-X!

普段整備車体の掲載は控えさせて頂いておりますが

今回は個人的な思い入れが強く御座います車体を~

整備調整させて頂きました!

自分世代よりは、少し年上の皆様へはお馴染の~

丸紅山口自転車のBenny-X

ベニッスクで御座います!

実は今回、ベニックスを真近で見るのは初めてで御座いました。

まだDAがラインに御座いません時代、

このクレーンがシマノの最高峰RDとして存在しておりましたが

後の初代DAのRDもこのクレーンがキャリーオーバーされ~

ラインへ加わったと思います。

DAの先祖がクレーン~とも言える、と存知ます!

シマノのレバーサック!

当時自分はここだけ、カンパニョーロで御座いました(笑)

状態は比較的よい車体では御座いましたが

各部は結構な整備が必要でも御座いました。

オーナー様ともご相談の上

全バラでのフルレストアではなく、バジェットキャップを設定し~

その範囲内で最善を尽くす方向とさせて頂きました。

ランドナーの様式美へ拘る方からは、紐立ち上げが低過ぎる!

とお叱りを頂戴すると存知ますが~これは

オリジナルの紐立ち上げを参考とした結果~で御座います。

1973年版のデータでは、Hが末尾につく車体が560mmサイズ~

だったようで御座います。

自分個人は使った経験が御座いませんSR栄のステムとバー!

ヘッドとリアに御座います吉貝のクイック式アウター受も~

自分個人は使った事が御座いません!

50年前の車体が未だ現役でツーリングをする~など

ツーリストの自分は感涙で御座いますが

現在でも

自分はランドナーへよく乗っております。

これは高校時代の~当時は全線ダートで御座いました

奥多摩/ノコギリ山林道で御座いますが

ここは高校時代のホームコース~で御座いました!

高校時代~開通直後の南アルプススーパー林道

北海道~等々

ランドナーを駆り、各地を彷徨っておりました(笑)

しかしながら現在自転車へ乗る方は増えましたものの~

ランドナーで実際に走り、実際にツーリングをする方は

もう殆どおられない~とも存知ます。

今回個人的に思い入れが御座います~

丸紅山口のベニックスを触らせて頂き、

自分は想います。

自由に気ままに彷徨う旅~

速度など気にしない、頑張らない走行~そのような文化が

今のデジタル社会へこそ必要なのでは?

とで御座います!

http://cspeed.jp/products/%e7%a8%ae%e9%a1%9e/silk-randonneur-2/

今回触らせて頂きましたベニックスのライバル~片倉シルク

荒井さん入魂の1本も御座います!

ベニックスが50年の半世紀を超え、どのような轍を刻むのか?

楽しみでなりません。

Viva touring~で御座います!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*