Aggressive geometry?!

CHESINIでのNewは

オリジナルのスペシャルヘッドチューブを使う

ケーブルフルインナーモデルで御座いますが~

デモ車が完成目前で御座います!

このフルインナーモデルは大別して2タイプ御座います。

@平地巡航のスピードモデル

@山岳でのクライムモデル

で御座いますが

自分用のデモ車は山岳Goingモデルと致しました。

少しでも軽く、低重心化で11度のスロープデザインで御座いますが

平地用はホリゾンタルデザインで御座います。

ジオメトリーはいつもの如く、全てCHESINI任せと致しまました。

これは、素人が細かく指定致しますよりも

イタリア車伝統の走行感は、イタリア人により設計された車体でのみ

具現化出来る~と考える為で御座います。

現代の一体成型式カーボンでは先ず見られないバック396mm

これはダンシングでの反応性を目論む事と存知ますが

現代では、電気変速担保へ最低408mmが求められている~

とも存知ます。

75まで立てた縦に対し、BB下がりは通常72mmのイタリア式ではなく

75mm!

BB下がりは通常下げれば走行安定、上げれば反応性~

へ振られると存知ますが

396で詰めた部分を75で成立させる?

これは、今回のNew車体を~乗りこなしてみろ!

とのCHESINIよりのメッセージだと受け止めております(笑)

こーゆーのもどうだ?と、これ以外も沢山デザインが来ております。

@世の中の画一的な車体にはもう飽きた

@2年や3年毎にNewが出る車体を追う事にもう疲れた

@最大公約数で造られる車体へ身体側を合わせる事に疑問を感じる

@人様と被るメーカーや車体はもう嫌

@何処で誰がどう拵えているか不明な高額品へ疑念を感じる

このような事でモヤモヤしておられます場合~

乗り手の身体、走行目的、そしてEgへ合わせ

ひとつひとつ手造り致しますone by one made~を

お勧め申し上げます!

また、現在までお納めさせて頂きました車体へは

皆様概ねご満足頂けていると存知ますが

1925年創業のCHESINIは、

我が国に於きまして、けして有名ブランドでは御座いません。

有名ブランドがお好きな方へは~お薦め申し上げません(笑)

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*