Why don’t you ride this?!

今こそ、乗るべき時代到来だと思います!

伝統の丹下プレステージで組まれた、パナソニックです。

この仕上がり・・

我が国、国内生産で・・

10万円を少し越える程度なんです!

鉄フレームにも、いろいろな物があると思いますが・・

乗った限りに於いては、プレステージの独自の踏み味は絶妙だと思います。

美しいです。。

大企業であるパナソニックが、今の時代に、敢えて国内生産を守っています。

値段を下げるのであれば・・

中華OEMクロモリでもOKな筈です。

何故、彼等はそれをしないのでしょうか?

・・それは。。

それは、信じる何かを確信している為だと思います。

人間の手を介して、ひとつひとつを容にする、このフレームが120.000JPY

倍の値段でも、大量生産品はあります。

どちらが物としてのバリューがあるのかは・・

人それぞれだと思います。

折しも、GDPが陥落した今・・

我々には、大儀があると思います。

コスト最優先な筈の、大企業であるパナソニックが敢えて今、踏ん張っています。

誇りを懸けて、踏ん張っています!

丹下プレステージで、今も、です!!

大儀に殉ずる、粋な乗り手の方・・

中華OEMへ流れるのを阻止するべく、立ち上がる乗り手の方・・

現行の普通の部品で、軽く乗るのが粋だと思います!

思いは強く、軽く乗って下さい(笑)

絶対に後悔しない乗り味だと思います。

Why don’t you ride this?Are you Japanese Guy??

The panasonic is your home!!

ご興味ある方は・・

hiroshi@cspeed.jp

までご一報下さい!

PS:自分は○翼ではありませんので、ご安心下さい(笑)

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>