Which do u like better?Act 2

同じ処を4本~昨日走って参りました。

versionHは5800、FRTC01はR8000、車輪はどちらも同じシマノ廉価品~

で御座いましたので

どちらも車輪の近代化(笑)で更によくなります余地があると存知ます。

スローピングデザインのMod.FRTC01はversionHとどう違うのか?

自分の中では、大変に興味ある事で御座いました!

湿度も低く、秋を感じる爽やかな気候で御座いましたが

きのこセンター手前の、デリカと

レオーネが御座いますこの急傾斜セクションで、

versionHより明らかに少ない力で上がって行くんです!

これがフレームの差?と思いましたが、実は~この車体のR最大は30丁(笑)

28丁で御座いましたversionHより少ない力で上がりますのも当然で御座います。

前日の雨で、昔ゲートが御座いました処から慎太郎平までのセクションは

雨を含んだ木っ端が散乱しておりまして、立ち漕ぎですと

ここの傾斜では簡単に後輪は空転~で御座いました。

シッティングでのクリアを余儀なくされましたが、

90度の位置をトルクピークに致しまして踏み込む~よりも

上支点で膝を使う乗り方~の方が、全然楽に速く上がる

そう感じました。

これはversionHにも全く同じ感覚を覚えますが

膝の位置を高く致しまして~踏みではなく降ろすだけ、で

車体は前へ自然に出てくれると思いま。

とは申しましても~ペースは

https://www.youtube.com/watch?v=refZvJogFxI

https://www.youtube.com/watch?v=8IoBzBHvokY

このような低水準で御座いますので、参考とはならないと存知ます(笑)

下りは、この車体の特徴でも御座いますハンガードロップ63mm

自分の感覚では、加重移動をしない状態でも~視線だけで車体が曲がる~

今まで乗りました全ての車体の中で、一番の旋回性能だと思いました。

山岳サイクリングで、上がりも下りも楽しみたい~等々ですと

最高な1日を演出してくれるかも知れません!

気になっておりましたversionHとの差は、R30丁だった為か

こちらのスローピングデザイン車体の方が明らかに軽く上がると思います。

但し、平地でギアを踏めて行く感覚はversionHの方がいいと感じます。

https://www.youtube.com/watch?v=WfanphzLcDo

両車共通して言えます事は、乗り手以上走行を実現してくれる事~

であると感じた次第で御座います!

完全エクスクルーシヴの新日鉄住友製のアウトバデットTiチューブ車体~

通常のTi車体は、チューブコンストラクターから出来物のTiチューブを買い入れ

ビルド致します事が多いと存知ますが

PanasonicのアウトバデットTiチューブは、他の何処も使っておりません。

この車体だけの完全別注チューブで御座います。

まがい物ではなく、熱量溢れるハンドメイドのマスプロダクション車体~

値段だけの内容は確実にある

チューブからビルドまで完全ジャパンメイド車体~で御座います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*