The Stig wheel by GSA special!

画像-0272

ここ最近、ずっと使い倒しております~

GSAstutoのTimがビルドした50mmカーボンクリンチャー車輪です。

24mm幅のワイドリムで

画像-0277

26Cとのマッチングが最高なんです!

画像-0276

GSAstutoのレギュラーラインには存在しない

CXレース用のワイドリムで、レギュラーリムより少し重量があります。

しかしながら~

とにかく丈夫で振れも出ません。

画像-0136にた

画像-0173にや

散々林道で酷使しても~

画像-0176にた

全く問題ありません。

062

高速域での速度維持能力は特筆するべき内容で~

あまりの転がりの良さから、人の真後に入りますと~

前前へと進んでしまい、ブレーキを頻繁に入れる程です(笑)

画像-0296

三週間前、自分のミスで数年ぶりに墜落致しましたが

右が踏めないにも関わらず、

Timがビルドした24mmワイドリム+26Cの車輪は~

画像-0320

難無く自分を峠まで引っ張り上げてくれました!

上がりでの軽さもあり、下りでの踏ん張りも~24mmは違います。

通常の21mm幅とはブレーキタッチの良化も感じます上に、

ブレーキ加熱もほぼ有りません。

この24mmカーボンリムより、アロイリムの方が激しく発熱すると思います。

画像-0280

画像-0284

ハブは最新のGSAstutoレギュラーのBlack vertion

リムは現在自分が使う物と同じモデルの24mm幅~

画像-0288

11Sへ合わせ、駆動伝達スポーク側はインにする~

裏編み仕様です。

画像-0291

シナやアジアの提携工場で、自転車とは全く無縁なオバちゃん達が組む~

お値段二倍(笑)な他所のブランド車輪とは違います。

プロでも走っていたTimは、身体の芯から自転車好きなんです。

画像-0292

テンションバランスや、彼独自のビルドメソッドは~

Timが自らのアシで走り、自ら身体で得たメソッドです。

ビルドマニュアルとテンションメーターを睨めっこしてビルド~

画像-0290

なんかとも、全く違います!

GSAstutoのレギュラーwheel-set/1400g程度ですが

このワイドリムはペアで+100g程度です。

林道から高速巡航、ロングライドでも効く26C~

体重62kの自分は通常F/6bar+R/6.3bar

極楽な乗り心地ですが、引き摺るような重さはありません。

リムの供給体制で現在1ペアのみです。

ご興味頂けます方は、是非お試し下さい。

確実にご満足頂ける内容の車輪です!

Timはこのレギュラーではない裏品番モデルを~

The Stigと命名致しました。

そうです、BBCで放映されるTop Gearの~あの覆面レーサーからです!

F1トップドライバーと遜色ない時計で走る、あのThe Stig~

グラベルでもターマックでも、何処でも速い~

The Stig wheel by GSA special build/129600JPY(Tax less)!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*