The first road bike for a lady!

001

002

PanasonicのTange Prestigeは

低温溶接用に別注しているチューブで御座いますが~

008

003

バックセッションと

006

005

フロントセッションとの前後バランスが絶妙で

ベテランからビギナーまで、安定した走行を約束してくれると思います!

007

今回は初めてRRに乗られる、女性の方への車体で御座います。

女性に限らず男性も含め

最初の一台は今後への作用が大きい一台~

楽しくなりますのも、またその反対へも、大きく作用すると存知ます。

015

現代では一般的となりました上ハンポジションとブラケットポジション~

それがツライチで全く落差の無いハンドルではないラウンド形状バー

025

身体全体を使って効率よく走るのが本来のRRであると存知ますが

最初にツライチのハンドルを使いますと多くの場合、

脚漕ぎが身についてしまう~とも存知ます。

016

過度な前傾は抑制しつつも、上半身を使えるポジションは

018

お尻加重にも陥らず、どんなサドルでも乗れる乗り手へ!

012

予算制約上は5800で御座いましたが

最初の一台がガニ股漕ぎ養成機では話になりません!

140mmを切るQ factorの165mmクランク+47/31で

スムースに無理なくペダリング出来るよう、させて頂きました。

011

カセットも現在主流のワイドレンジではなく12-25のクロス

赤いセラミックプーリーでドライブをフォロー

020

ポジションの発展性を優先し、敢えてアヘッステムを装備した

017

最初の一台!

ここから楽しい時間が始まります事を、心より願うばかりで御座います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*