Feel the RGK!

011

実測134mmのQ factor

035

フレームにより現物合せとなりますが、ギリギリまで狭くする事が可能です。

008

シマノ系のスルーアクスルクランクセットをお使いの方ですと

15mmは違うと思います。

ナローQ factorクランクの回転フィールは

意識せずとも自然に回転が上がりますが~

030

フィックスドライブで、更にその回転に拍車がかかります!

007

走行しております限り、下支点から上支点までのペダリング後半セッションは

自動的にペダルが膝の位置を高く押し上げますので~

017

理想的な360度均等トルクペダリングも自然に身につきますのが

027

ロードフレームベースでドライブをフィックス化致しました~

Road Going KOTEI車体で御座います!

028

効率いいペダリングが自然に身につく~と、現在から約35年位昔(笑)

11月のレースシーズン終了と共にRDとFDを外しまして

032

ゴシャッパ(後輪を指す一部地域での呼称です)を固定歯に変更~

2月一杯まで一冬をその状態で走りまして

3月でRDとFDを再び付けましてRRへ戻す~

025

ギア比は3.0をベースとしておりましたが、2.5で走るチームも御座いました。

オフでの走行では嘗て定番車体で御座いましたが

現代ではもう知る人は稀になったと思います。

026

オフトレや効率、スキル向上云々を別に致しまして

余計な物を削ぎ落とした原始的な車体は走行して単純に楽しい、と思います!

Panasonicのフレームベースで

これまで何台ものRoad Going KOTEIを造らせて頂きましたが~

この冬、ご興味頂けます方はc speedの写真のデモ車体へご試乗下さいませ!

Feel the Road Going KOTEI!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>