The best way for UV protect!

自分も使っておりますイタリア製サイクリングクロージング~

Q36.5!

2013年創業の新興ブランドでは御座いますが、ファウンダーの

Luigi Bergamo氏はご覧の通り、生粋の自転車乗りであられますが

氏が仕事をしておられました

スイスの某ラグジュアリーサイクリングクロージンブランドが量産へと

方針転換をするのと同時に、自らの理想を求め~Q36.5を創立したそうです。

近年

生産コストの低いアジア諸国の工場へ次々と生産委託先を変更し

原価と縫製、裁断は最低な割りに、巧妙なPR戦略とブランドイメージで

あたかもラグジュアリープロダクト~的な、価格だけ高価な物も多々御座います。

パッケージもイタリア的センスが溢れていると思いますが

パッケージだけではなく、ヤーンの段階からイタリアメイドです!

ヤーンのみならず、縫製や裁断も考え尽くされております所以は

Luigi Bergamo氏自らが乗り手である為であると存知ます。

そしてこの時期、強い紫外線からプロテクトをする為~

長袖+レッグカバーをお使いの男性の方もお見受け致しますが

スリップダウン抑制へ大変重要な部分が、ここで御座いますレッグカバー

よく御座います、シリコン系やゴム系のストッパーは

ペダリングで擦れる+ずり落ちる=ありがちだと思います!

この部分をフライスレースとしておりますQ36.5は、擦れずに落ちません。

全体をこのようなシェイプへレース致しまして、前後でゲージも変えております!

ファッション業の方であれば、これがどの位コストへ反映し

どの位の知識と生産技術が要る内容なのか、即ご理解頂けると存知ます。

擦れる縫い目が内側には一切無い、シームレスレースでも御座います。

当然、フィッティングは最高~

ゴロの編み込みもビジュアルには効いていると思います。

Yukikoさんが昨シーズンまで供給を受けておりました

某国産サイクリングクロージングメーカーさんの物より

フィット感、はき心地~断然いい、との事で御座いました。

アームカバーには放熱性に優れます

銀糸を使いまいたUV対策の2018newプロダクト~

独特な乾いた感触の素材感は、高温多湿な我が国の夏に於きましても

快適に走行出来ると存知ます。

本当のイタリア製Q36.5 https://www.q36-5.com/

ボトムスとトップは少々お値段が張りますが、

http://cspeed.jp/blog/q36-5/

アームカバーやレッグカバーはそうお高くないと存知ます。

夏の直射日光で肌が痛んでしまう~等々な皆様へは

現況では一番お勧め出来ますUVプロテクトだと存知上げます!

UVアームライト/5.900JPY(tax less)

サン&エア レッグカバー/5.900JPY(tax less)

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*