See-through paint!

罪な美しさは、ルネッサンス時代から

美へ拘るイタリア人の手にかかると、

chromeベースに、オーバーペイントの手法

それ自体は我が国でも過去、用いられていた手法だと思います。

ベースのクロームが、その存在を明らかに主張する~

彼等CHESINIは、シースルーペイントと称しています。

ルネッサンスからの、美への拘り?!

違うと思います。

この程度は、彼等の日常だと思います。

深さと、積み重ねた時間~

短い間では、詰まりそうにありません。

彼等へのオーダーは、最低限の事以外

彼等へ任せる事が賢明だと感じます。

ルネッサンスからの、彼等の日常へ~

敬意を込めて!

 

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>