Panasonic Ti Fair!

過日、テストライドで皆様へ大いなる刺激を振り撒いた~

純国産メイドのタイタニウム車体!

Panasonic渾身の作と申し上げ、過言ではないプロダクトでした。

乗り心地を含む、その走行フィールに~

参りました。

同じ踏力でも、速度は確実に違ってました。

そして、我が国を代表する某重金属工業へ別注までして拵えた~

独自のアウトバデット補強が入るチューブ

それを、国内で加工生産するなら~当然ながら、ある水準のコストになります。

325.000JPY(Tax in)のリテイルプライスは、納得出来るものの~

その数字の絶対値は、けして低くはありません。

Panasonicが今の時代、OEMカーボン車へ向けたひとつの回答として唱える

我が国物造りの意義と在り方、

彼等の、愚直なまでな物造りへの姿勢に応える

c speedとしての在り方とは何か?

プロフィットは、一時余所へ(笑)置き

乗って頂く事、

世に、彼等Panasonicが掲げる、オールジャパンメイドの心意気を流布する事

そう考えました。

4月中ご発注頂きましたオーダーは、

325.000JPYの20%offとさせて頂きます。

260.0000JPYです。

この値段すら、けして絶対価格としては低い数字でない筈です。

しかしながら、

このまま埋もれてしまうには、忍びない生い立ちと、情熱を持つ車体です。

年度イヤーにも左右されず、普遍的なビジュアルでもある車体

そして、今こそ、

高らかに純国産を掲げ、信じる道をゆく~Panasonic Titaniumです!! 

 http://cycle.panasonic.jp/products/pos/custom_order/2013/frt06/

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>