One by One!

Geometryが大切である事は、

自転車乗る殆どの方が理解なされていると存知ます。

034

夜、Vladを見ると

やっぱり、どう見ても~テ○リ○ト(笑)

アルカーイダやISだと致しても、誰も否定しないと存知ます!

049

テ○リ○ト曰く、

間違えました、Vlad曰く~

「プレタポルテ車のジオメトリーは妥協の塊」

との事であります。

確かに、48size~62sizeまでfork offset/45で統一~ですとかは

無理があると思います。

C社に於かれましても、それは先刻ご承知な筈でもありますが

そこはオトナの事情と推察申し上げます(笑)

039

offsetで2mm違えば、乗り味は大きく異なると思いますが~

Iさんのご希望のひとつであります、

「下りでの安定性がもう少し欲しい!」

へ、Vladは即刻答えを出しておりました。

045

「300K程度のロングライドへ、Avを高く走り切りたい!」

Iさんの二つ目のご希望へ

上半身の使えるポジションを探り~

046

後退幅を何度か調整~

プレタの殆どは、小さいサイズになる程、

前へ座らされるポジションになる~と思います。

腰を引き、トルクが出せる懐が深いライディングフォーム

037

そこを探り、ジオメトリーデザインを構築してゆく~等々は

カスタムオーダーならではだと思います。

乗り手の希望へ即する事と、最大公約数~

真逆だと存知ますが

プレタポルテに疑念をお感じであります方へは~

One by Oneのオートクチュール

効率の真逆を行く、輪界のテ○リ○ト(笑)が拵えるSu Mizura~

http://equilibriumcycleworks.com/

既成概念へのテロリズムを、高らかに掲げる方へ~

お勧め申し上げます!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*