One another choice!

トラディショナルな真円チューブで組まれた車体

エターナルな雰囲気で、端正な佇まいの車体だと思います。

別の方向性として、

よりスポーツライディングへ振るのが

Dedaccai E.O.M/S.A.Tのスーパースティールチューブ、楕円チューブです。

VS カーボンを旗印に掲げる、スーパースティールレーサー/SSR!

しかしながら、イタリアの誇る伝統的鉄鋼メーカー

Columbusも黙っていた訳ではありません。

彼等の最高スティール水準チューブであるsprit管、

Columbusスティールプロダクトの中では、現在最軽量、最高技術です。

あのSL管も、ニオビウム添加してリニュアル、現在も生きています!

Columbus Sprit管の口径UPバージョン

ノーマルより、更にスポーツライディングへ方向性をシフトしています。

シートステーも真円ではありません。

単に、口径UPした真円チューブではなく、

トップチューブも、

ダウンチューブも、

より走りの方向性へ振る、Not真円管!

カーボンだけがレース車ではありません。

DUELLのDedacciai

CHESINIのColumbus Sprit over size tube

別の選択肢だってあるんです!

みんながカーボンで走るなら~

オレは別でイク、

この溶接プレートが呼んでいます。

みんながそっちなら、オレは~って方を

呼んでおります!

「オレの処にも当然カーボン車あるんで、あまり大々的には言いずらいが・・」

「Sprit over sizeは・・カーボンに負けないぜ!」

CESHINI社長、Osvaldo氏は・・

DUELL社長、Johnと同じ事言うんです。

彼等が推す、別の方向性

その方向性は、どこの誰が、どんな処で造ったのか?

そして、そどんな思いで造られたのか?

明確です。

どこだか分からない工場で、パカパカ造られて~

デカールだけブランド名を貼っているのとは違います。

CHESINI Columbus Sprit over size tube

+Avedio RPS carbonfork

エバディオが誇る、リブ入り二重構造のフォークとのマッチング

フレーム性能を最大限に引き出す為、

敢えてコロンバスのカーボンフォークには致しません。

このコンビネーションで、220.000JPYです。

もうひとつの、大いなる選択肢だと思います。

鋼の如く、折れない強い心へ憧れる男子たるは~

ハガネの車体です!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

2 コメント

  1. 公開日時: 5月 24, 2012 - 6:31 pm | パーマリンク

    Hmm…CHESINI Columbus Sprit over size tube

    • hiroshi
      公開日時: 5月 24, 2012 - 7:39 pm | パーマリンク

      Gentleman,Thank you for your visit from Russia.Please go ahead this another choise.Of course i can ship:)

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>