NOS by columbus SLX!

017

現在、本当にイタリアで造られているフレームはほんの少しだと思います。

有名処でも既に、イタリア国内生産と致しましても~

国内外注生産で、自社生産などまさに希少な時代となったと思います。

時はまさにこの時代~

066

ボクサーサウンドを轟かせ、

067

盛大なスキール音を撒き散らして連なる各国のサービスカー!

レモンが、ブーニョが、インデュラインが、本気で我が国を走ったあの時代の少し前

TVT-HM92やLook KG86が登場致します前、

016

丸チューブスティールの最終進化形が、このSLXだったと思います。

現代ではこのSLXを遥かに凌ぐ性能のスティールも御座いますが

018

1inchトップチューブのスキニーでタイトなビジュアル

023

024

インナースパイラル管であります事は、ご説明するまでもないと存知ます。

019

保管キズは多少御座いますが、シートステーのビジュアルも

late 80′の雰囲満点だと存知ます。

029

時はまさに、ネオクラシコの時代~とも存知ますが

021

あの90年世界選の少し前、その時代から時空を越えて今

030

イタリアのお転婆シニョリーナ

031

Viner Mod.record NOS by columbus SLX降臨です!

036

カンパエンドですが、Road Going KOTEIにもなります(笑)

Rは130mmで御座いますので、現代の部品でもOK~

縦横共に53ですので、お乗り頂ける方も多いサイズだと存知ます!

55.000JPY(tax less)!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>