Here we go with going Randonneur!

001

先曲げのフォークは

003

鋼のサスペンションです!

010

嘗て各地を彷徨い~照りつける陽射の夏の日も、凍える冬の峠路でも

009

走る事を第一としておりました車体が、ランドナーだったと思います。

013

制限時間内に規定のルートを走り切る~嘗てその用途で走ったフランスの車種は

我が国に持ち込まれました後

我が国独自の解釈でその成り立ちが確立されたと思います。

019

彷徨い、自力でどこまでも何処までも走る~自転車旅行の道具としての車体

007

から現在、

些細な仕上げや部品構成、スケルトン云々~走る事より、見て楽しむ車体へと~

006

ランドナーは進化(笑)致しました揚句、乗り手の高齢化で口先だけで走らない

いえ、走れない!

Rondonneur=老人か口先マニアさんが転がす乗り物~が一般認識の時代

と申し上げまして過言ではないかも知れません。

018

ツーリングは本来ハードな事だと思います。

ポタリングとツーリングは同義語ではない、とc speedでは認識しております。

004

問屋車(笑)など眼中にない、と仰せの方は無視なされて下さいませ!

Here we go with Real going Randonneur!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>