Do u have already height one?!

今、深リム車輪を持つ方は増えていると思います!

自分も普段は~

50mm heightのカーボンwo車輪(笑)でラクをしております。

逆に今、

全くの平リムは少なくなっているとも思います。

画像-0129たぬ

新家工業のR-50

画像-0135ふら

ブラウンブロンズのアルマイト、32Hは~NOSです。

画像-01195は

平リムにハイスペックのtubular!

画像-0126ぬみ

製造No入りの完全国内ハンドメイドシームレス!

画像-0115ぬか

競輪レーサーのマウント方法同様、24時間はこの状態で保ちます。

画像-0130ぬはは

cross数が多い程、スポークテンションに頼らず~

横剛性、反捻じれ剛性に溢れる車輪が編める事は、

今も昔も変わらないと思います。

そしてそれは~乗り心地と強さを兼ね備えると思います。

画像-0132ぬた

速度重視のheight wheesを既にお持ちの方へ~

真逆のロジック

36H4cross+high spec tubular

ご体験の意義は、今、大いにあると思います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>