Back to your real cycling!

自転車本来の楽しみ、

自分の力で漕いで~何処へでも行ける!

少年時代、感じたあの感覚と、理由が定かではないワクワク感

どなたでも、ご記憶あると思います。

今、機材は進歩して

自分もトシを重ね、、(笑)

ロボットいたいな自転車で、シャカリキに走るのも、もう~

だったら、ツーリングへまた戻るとかも

いい気分転換だと思います!

でも、流行のXC

ハヤリ物に飛び付く薄い中年とは思われたくはナイ~

って、へそ曲がりなご貴殿様

コレは、如何でしょうか?!

無様なイボイボなんて、ないタイヤで~

ゆったり、走る!

玄倉林道だって、昔は普通にチューブラーロードで走ってたんです。

今更、イボイボの出番~

あまり無いと思います。

それ以上に、ターマックがダルい!

別に、レースXCじゃないんですから

WレバーでOKだと思います。

輝く銀色のWレバーと、銀色の73ステム!

美しい~

中年の心を弄ぶ、コンビネーションかも、、(笑)

ポジションだって、しっかり出ます。

ツーリングXCだとしてもです!

雨の時なら、ディスクでしょう!

って事もあると思いますが~雨なら最初から走りません(笑)

どうしても、だとしても~

あのパリルーベでも使われる、このカウンターブレーキなら~

不満はまず無いと思います。

重量ハンデも、VSディスクの最右翼です。

いろ

遊び

過ぎて、しまいました、、

でもでも、

オレは、流行っているからXC転がすんじゃない~

自由が、好きだから~

XCで走るんだ、って方

どこへでも、どんな場所へも躊躇せず行けるXC車体

あの日感じた自由を~

リ・スタートのこれからへ生かしたい

ご同輩諸氏!

PanasonicXCが待っております。

この仕様で、約23万円

新たな投資としては、高いか、安いか~

自分は、安いと感じます。

PS:Sさん、お任せ頂ける~とのお言葉に甘え

こんな姿となってしまいました、

申し訳御座いません。

スキンサイドのエロイカ、入手出来ず痛恨の極みでありますが、

スキンサイドは、是非ともチューブラー車輪でお願い致します(笑)

勝手にセットアップさせて頂きましたが、絶対に楽しい車体だと思います!!

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

4 コメント

  1. S木
    公開日時: 2月 10, 2013 - 2:42 pm | パーマリンク

    こんにちは。S木です。

    カッコ良くまとまりましたねえ!
    自由な感じが素敵です。

    自分でやると真面目1本槍の
    地味な感じになってしまうので、
    お任せして正解でした。

    あとは、これに乗って中年オヤジが
    どこまで自由になれるか!?
    ってところですね。

    楽しみです(笑)

    • hiroshi
      公開日時: 2月 10, 2013 - 2:57 pm | パーマリンク

      S木さん

      こんにちは。

      カッコいいでしょうか?!

      有難う御座います~安心致しました。

      なにしろ、自分は真面目とは縁が無い、破廉恥一本槍です(笑)

      どこまで自由、でしょうか?!

      破廉恥まで、だと思います(笑)

      どこまでも自由へ、だと存知ます!

  2. 156
    公開日時: 2月 11, 2013 - 4:53 pm | パーマリンク

    いいですね!
    差し色、コーデイネート、国産車体
    Duell の前に、観たら、いってます!
    オフロード、道なき道
    寄り道大好き!(^^;

    • hiroshi
      公開日時: 2月 11, 2013 - 7:45 pm | パーマリンク

      156さん

      こんばんは。

      有難う御座います、DUELLの後でも、大丈夫です。

      是非、グラベルロードへお越し下さい(笑)

      PS:ベルリーナ、いいですね!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>