Artistic line!

美しいライン、ってアルと思います。

美しいラインをザイルで描いてビッグウォールを制覇する、とか・・

美しい背中のラインのライディングフォーム、とか・・

美しい円運動を描くペダリング、とか・・!

我が国が世界に誇る、パナソニック・サイクルテック社の鉄フレーム・・

どこを、どう見ても美しいです!

このハンドメイドが、10万円前半・・有り得ない位なバーゲンだと思います。

そんなフレームには、組むにも礼儀があるんです。

ロードフレームを固定ギア駆動へ改造してしまうんですから。。

自分なりな、最低限の礼儀は・・

チェーンラインを、可能な限り、美しく描く事です。

このラインが出ていない車体は・・

どんなにいい部品使っていても、ダサイと思います!

出所がよく分からない、台湾・中国のOEMなんかじゃナイんです。

大阪で造られている、我が国生産のアルティザンメイドなんです!

最低限の礼儀は、美しく仕上げる事だと思っています。

入魂の日の丸メイドのパナソニックには、当然入れるタイヤはD以外有り得ません!

支える車輪は・・

DT SWISS415、現在最高水準のwoリムです。

そして、DT SWISS champion#14プレーンスポーク・・

DAトラックハブ・クイック仕様・・

オトコ車輪です!

いいモノには、同時に美しさも宿る?!

分かるヒトにしか解らないかも知れません。

普通イマは・・

カーボンなんですから(笑)

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>