Are you a Japanese guy?!

社会主義は、平等に愛すると言うが、武士道は、己を殺して人を助けるもの。

即ち、日本の武士道の方が一段上である。

 

某歴史小説に於いて、愚将のレッテルを広く流布されてしまったと思います。

閣下こそ、我が国近代史上、最も崇高な武人であったと自識しております。

そして、殉死をも厭わぬ閣下は、脇に

Japense swordを携えていたと思います。

ヘタレな自分でも、ほんの少しでも~閣下へ近ずけるのか?

・・全くもって、無理だと思います。

でもでも、少しだけ、コンマ1mmでもいいから、閣下へ近ずきたい

そう感じる、自転車好きの方へc speedからのご提案です。

現在我が国唯一のリムコンストラクター、新家工業メイドの~

日本刀が如く輝き、曲線を描く、SA730

村雨か?

同田貫か??

顔が映り込みむ程の仕上がりです。

NJSスペックの16B同様、輝くフィニッシュ!

セットアップするハブは、勿論~

細くシャープな軸

嘗ての、前田シュパーブを彷彿させるビジュアルの~

美しい楕円穴のラージフランジ

再度立ち上がる、旧前田工業陣営のサンエクシード!

物語りのエピローグは整いました。

どんな物語りであるか、でしょうか?!

それは~

ご貴殿が、a Japanese guy足るか、です!

閣下、現在の我が国は、どう映っておられますか?

我々は、少しでも近ずけますでしょうか??

我々の心へ輝きを放つ、コンマ1mmのgo ahead

c speedより、現在の主流から~大いに外れた感覚のご提案であります!

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>