5th GR IRC tubeless S light!

RBCCに遅れまして~

やっと

Lightが入って参りました!

今回IRCはチューブレスタイヤのラインを刷新致しましたが

自分は現在でも

第3世代構造で未だ生き残っておりますRoadliteの25Cを使っております。

サイドがしなやかで乗り心地がよく~自分の好みで御座いますが

実測は27mmで御座います(笑)

このRoadliteと同じ

第3世代のFormula Pro RBCCとLightも未だに使っておりますが~

この第4世代になりまして~

乗り味も性能も、一気に武闘派方向へ振られたと感じます。

乗り心地と引き換えに~カーンと転がる感じになりました!

そして

28Cでも26mm御座いません(笑)

第3世代のRoadliteも同じリムでの実測で御座います!

持ちましただけでも、完全にRBCCより軽い事が分かりますが

第5世代となりましてのトピックは、LightだけTLRになった事~

第4世代は全てのラインが「チューブレスタイヤ」で御座いましたが

第5世代は~RBCCとX-Guardがチューブレスで、

S-lightはシーラントを入れます事を前提と致します~

「チューブレスレディタイヤ」となった事で御座います。

恐らくこの理由は、Panaracerの軽量TLRタイヤに影響を受けた~

と自分は予測しております。

重さだけでは同じ28Cで~VS 4th GRで75gも軽くなっております!

シーラントマストで御座いますので、この75gのビハインドは

自分の場合25cc程度シーラントを入れますので~

事実上50g程度だと思いますが

タイヤの50g差はダイレクトに走行へ現れる差だと存知ます!

嵌めやすさは、先日やりましたRBCCの方が易しい~と感じましたが

個体差もあろうかと存知ます。

そして今回の第5世代のLightのもうひとつのトピックは~カーボンコンパウンドから

RBCCコンパウンドになった事で御座います!

カーボンコンパウンドの、あのカーンと転がる武闘派な感じが~

IRCご自慢の米糠コンパウンドでどう進化したのか?

乗るのが楽しみで御座います!

28Cの実測は27mm少々で御座いましたが

この第5世代RBCCの25Cの実測は25mmでした。

IRC 5th GR tubeless RBCC/S-Light TLC

7.600JPY(tax less)!

お値段は前世代から据え置きの、純国産品で御座います!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*