+10RPM!

30mmレール幅でペダリングを追求する、このシステム

ノーマル径のトップチューブでも膝が擦る程、

ナローペダリングが普通に可能です。

太いカーボンチューブなら、擦り捲りだと思います(笑)

ペダリングの基本はスムーズに膝が上がってこそ、だと思います。

その意味では、サドル幅を通常のレール幅より狭い30mmにして削減、

内腿へのペダリング干渉を最大限に減らす~

確実に効果があると思います。

30mmレール幅は、古くから競輪レーサーには馴染み深く

日東ハンドルワークスが誇る、SP72 NJSシートピラーには・・

44mmレール用と30mmレール用の2タイプが昔からあります。

カシマのNJSサドル・・極限まで回転を追求した幅の狭いモデル

通称=丸太(笑)

200RPMを普通に出す、彼等プロの道具です。

それをロードバージョンへ民生化(笑)したのが

コレです。

数種類のシェイプがあるのですが、

どう考えてもコレが一番いいと思います/8000JPY!(白・黒の2色展開です)

座面もしっかりしています。

使った結果、自分のような後ろ荷重でのポジションも、

前でのポジションも、

腰の位置を移動させ・・

斜度やトルク変動へ対応させる乗り方へもOKでした。

あくまで自分の主観ですが、誰でも膝がより上がると思います。

白いフレーム+白いピラー!

通常のカーボンモデルの汎用サイズ=31.6

多くのスティールモデルに適合する=27.2

2タイプに、カラーはシルバー、黒、白、オレンジ(何故?!)

綺麗なパウダー塗装です/3900JPY

ピラーと別売のヤグラ

アルマイトのブルーと黒の2色展開です/1200JPY!

最近、サドルは異常なまでに高価ですが・・

この価格と内容であれば、トライの価値はあると思います。

+10RPM

交換で10回転上がると思います。

自転車の基本は、

フォームとペダリングだと思います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

3 コメント

  1. 公開日時: 3月 15, 2012 - 10:56 am | パーマリンク

    おはようございます!

    サドル入荷したのですね。

    なるべく早く取りに伺いたいと思っておりますが、、

    例のおもちゃの件で、なかなかお伺い出来ない状況です(汗)
    少々お待ち下さい。申し訳ございません。

    篠崎様の一刻も早い回復をお祈り申し上げます。

    • hiroshi
      公開日時: 3月 15, 2012 - 12:47 pm | パーマリンク

      ふくおっとさん

      こんにちは!

      申し入荷はしていたのですが、ご連絡先をロストしてしまいました。。

      恐縮でありますが、メールにて頂ければ幸いであります。

      大変申し訳御座いません。

      フェラーリ要らず、拝見するのを楽しみにしております!

      有難う御座います、篠崎さん、回復は順調のようです。

      但し、

      担当の看護婦さんがスピード狂らしく・・

      車椅子を相当な速度域で押すそうなんです。

      本日、危なく落車する処だったそうです。

      車椅子でもスピードに、落車・・

      どこまでいっても、レーサーみたいなんです!

  2. 公開日時: 3月 15, 2012 - 2:49 pm | パーマリンク

    メールの件、了解しました。
    帰宅後、連絡致します。

    大事に至らなくてなによりでした。
    良かったですね。

    スピード狂の看護士さん…恐るべしです。
    お見舞いは、6点式ベルトでしょうかね?(笑)

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>