Your feeling becomes HIGHT!

画像-0178し

画像-0180に

画像-0181ひ

プレーン管のTi

明らかに、ギア掛かります!

画像-0185し

画像-0192り

プレステージの上をゆく走行感覚の良さ

そして~

踏めてしまう速さ!

画像-0189し

8630Rが硬い?

デマが蔓延るなら

このPanasonicが、粘る速度と加速で~

覆します。

 

ロボットの親戚のような見た目(笑)で、

縦の微振動を絶えず伝えて来る車体、

もう飽きたのではないでしょうか?!

 

ケイデンスメーターなど、必要ともしないギアが掛かる感覚~

15日まで、2台のオールジャパンメイドテスト車体がお待ちしております。

永く一緒に走るなら~

出所が明確な車体、

造り手が見える車体、だと思います!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメント: 1

  1. ごり
    公開日時: 7月 2, 2013 - 9:08 pm | パーマリンク

    やっぱりカイセイ8630R は良いです。次もこれでいきます。この値段でこの性能はあり得ないと個人的には思います。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>