Time is Tubeless!

世代が進化致しましたPanaracer! 注目はやはりTLRだと思います。

旧世代では存在しておりませんでした28Cが出て参りましたが

重量自体は自分が普段から使っておりますIRC PF lightより軽く

触った感じもしなやかだと思います。

極めつけはMSRP設定で御座います。

IRCは宮城県の栗原工場メイドで7.600JPYで御座いますが

Panaracerは兵庫県丹波メイドで~6.500JPY!!

FTP等々の時代な今、タイで生産されます他所のブランドは何故

10.000JPY~とかなのでしょうか?誰かが抜き過ぎ(笑)ております事は確実で

その抜き分の全ては、買い手側負担と存知ます!

c speedでは通常Panaracer/IRC/SOYO以外、タイヤの取り扱をしておりませんが

理由は、抜いております誰かへ~加担などしたく御座いません故であります。

PanaのTLRはWOとのデュアルパーパスで御座いますので

専用シーラント使用が前提となります。

匂いを嗅いでみました処、ノンアンモニア~で御座いました(笑)

まだ自分が使っておりませんので、どのようなフィールかは不明で御座います。

=人柱価格/5.600JPY(tax less)

もう、チューブ入りタイヤなどに戻るつもりは~御座いません!

Time is Tubeless!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*