The reason is..

先日、某ドイツブランドに乗る方がお見えになられました。

自分は国内生産を守る、いいブランドだと思っています。

そのセンカンドグレードに相当する車体でしたが・・

真新しい車体に興味があった自分は・・

つい、値段をお尋ね致しました。

・・ひっくり返りました(笑)

だって、安いんです!

自分の処へのwholesaleより。。

試しに、その方が購入なされた、某海外サイトを見てみました。

・・トップグレードのイザ○ル○ッてのが。。

スーレコ/SLR装備で・・卒倒しそうな値段です(笑)

部品として買っても、フレームはタダ、みたいな!!

これって・・

インターナショナルにビジネスが昇華して・・

成れの果て、なんだと思います。

このプロダクトを、○○priceのretailで・・

金型代とアドフィーと・・

諸々計算してみると・・

○○台販売して、○○profit・・

PL statementは、○○台・・

OK,売り抜けろ!

唯でさえ安い処に、期末では、来期へ向けて換金値段。。

サイズの限定等々、制約はあるのですが・・

あの値段で買えるなら、自分も買います(笑)

安くて、いいモノって・・

今の時代は、ロット分母がアル事が必要条件なんだと思います。

そして・・

その分母が余った時には、換金値段で売られてしまう。。

しかも、販売経費が少ないネット販売なら、更に叩ける!

海外通販サイトで売られている車体は・・

自分は手を出しずらいです。

国産メーカーに照準を合わせて行く理由です。

BSアンカーやパナが半値になるか?

なりません!

理由は、生産台数です。

そんな分母は造っていない、って言うより造れないと思います。

生産しているのは、国内ではありませんが・・

ボーマやエバディオにも、BSとパナと同じ事が言えると思います。

ある程度、限られた生産台数・・

値崩れしない、経済理論だと思います。

ご自分が買われて、大切にする車体が・・

半値で買える方も世の中に存在する、って事実は・・

納得するには、ハードルが高いのではないでしょうか。

加えて、カーボンのレース車でも・・

BSやエバディオはヘッドチューブが海外ブランドと比較して短いんです。

これは、将来乗り手の水準が上がった時にコラムを切れば対応可能です。

最初から長いチューブだと、フレーム切るしかありません(笑)

そんな風に、自分は感じております。

地味ですが、海外サイトへは出ない・・

堅実で真面目に造られた我が国のメーカー・・

BS、パナ、エバディオ、ボーマ。。

イイと思います。

是非、海外ブランド以外へも、ご着目下さい!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>