The first one!

初めてロード車体に乗る方へ・・

車重が軽いカーボンをお勧めするのも今はアリだと思います。

値段も相当お手頃になっています(笑)

初めての方へ、鉄フレーム車体をお勧めする事は・・

稀な時代かも知れません。

敢えて、ベーシックで普遍性がある車体を・・

長く乗れる車体をお勧めしております。

全てを決めてしまう可能性があるハンドル形状は、マースバーです。

ステムの高さも過度に下げずに、ハンドル角は若干のシャクりセッティング

身長対比へ適合する165mmクランク

Qファクター145mmを誇る、杉野OX801Dのドライブで・・

回転ベースを構築を優先

最初はロングステムは着けなくても。。

丹下スレステージは・・

いろいろな事を乗り手の身体へ刻んでくれる筈です。

「こんな唯の中年男が、ロードの自転車・・乗れるかなぁ?」

・・少しでも、興味がありますでしょうか?!

ほんの少しでも、あるのなら・・

絶対に乗れます。

「若い頃みたいな体力ないけれど・・大丈夫かなぁ?」

大丈夫です。

最初の一台を、誤魔化しの効かない鉄車にする気持があれば・・

我が国が誇るマスプロメーカー,Panasonicの車体が全部教えてくれると思います!

基本に忠実で、愚直な鉄車

Panasonic!

愚直なまでに、今まで来ましたよね?!

トライする中年男の希望を・・

真正面から受け止める車体です!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>