Test Ride coming soon!

来月、Panasonicの試乗会を計画しております!

panasonic6

Kaisei8630Rのモデル

panasonic7

FRC16/frame set 135.000JPY(Tax in)

panasonic8

8630Rとオーバーサイズヘッドに、カーボンフォーク

乗り味の方向性は2010位までのTimeと、同じ処を向いている印象です。

張りもあり、しなやかに進む~レーサーです!

内容から申し上げ、135.000JPYは~完全にバーゲンプライスです。

panasonic5

325Tiの3Dチューブではないノーマルバージョン!

乗った事ありませんので、分かりません(笑)

Panasonic営業A氏曰く~

「加速は上のモデルに及ばないものの、乗せて以降の巡航は・・」

「じゅ、巡航は、どうなんですか?」

「50/14しかボクは踏めませんが、巡航は上のよりいいと思います」

ガク~ッ、営業のお立場上、それ言っちゃマズいです(笑)

どれもイイ、しか仰せにならない他所の営業とPanasonicの面々~

違います。

panasonic4

FRC16/frame set 230.000JPY(Tax in)

加速を繰り返す事に重点を置かず、距離を確実に走る~

そんな乗り方には合致するモデルかも知れません。

このフレームでチューブラー車輪入れた車体、

200踏んだ後、硬いカーボンフレームにシャープなWO車輪の車体と比較~

身体は、正直な答えを出すかも知れません。

身体に堪えない、車体~ってです(笑)

panasonicTi2

Ti XC~ある意味では、究極のツーリング車体かも知れません!

panasonicTi1

3Dチューブのアウトバデット管は、国内某重金属工業での別注チューブです。

リアルXCレーシングモデルではありますが~

輪行でトラブルも多いディスクでもなく、

ツーリング中でも安心してトラぶれる(笑)オーソドックスなシステムです。

インナーワイヤー等々のモデルは、見た目はいいのですが~

道中で一発何かに見舞われると、堪えます!

PanasonicTi3

一緒に行ける車体は、あまり奇を衒わず、基本に忠実な車体だと思います。

FCXC05/frame set 305.000JPY!

実は、最高のツーリング車体かも知れません!

個人的に気になる、これらのモデル~テストライドを予定しております。

しかしながら、テストライドはどこまでいってもテストライドです。

単純な印象程度しか分かりません。

自転車の車体は、自分のポジションで組んで、乗り込んでから~

本当のコトを話してくれると思います。

一種のギャンブルを伴うのが~車体チョイスのスリルです(笑)

この辺りは、十分にご理解頂きたく存知上げます。

どれも、基本を外れない、悪い言い方ではオーソドックスかも知れませんが、

毎年モデルを変える車体に辟易しておられる方へも、お勧めする~

真っ直ぐ、基本ラインをゆく車体、Panasonic

ご期待下さい!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

3 コメント

  1. ナイナイチー
    公開日時: 5月 29, 2013 - 11:17 pm | パーマリンク

    ブルベの翌日とかに尻をさすりながらぜひとも試乗に参上します!

  2. hiroshi
    公開日時: 5月 30, 2013 - 1:32 pm | パーマリンク

    ナイナイチーさん

    単なる試乗ですので、ご無理なさらぬ程度でお願い致します(笑)

  3. ナイナイチー
    公開日時: 5月 31, 2013 - 10:04 am | パーマリンク

    ヨレヨレアタタの時こそ試乗です!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>