Terrorize for your Front fork!

前周りに、もう少し

強さが欲しい~

ダンシングでの反応性や、下りコーナーでの挙動へ

一番効くのはフォークだと思います。

昔は二種類フォークを持ち、

コースや速度域、目的が異なる走行へ対応していた方も

多くおいでだったと存知ます。

今は~メーカーコンプリート車体が主体な時代ですので

同じフレームで目的が異なる二つのフォーク体制で乗る方は~

少数派であるとも存知上げます。

012

ストレートブレードは~

018

XCrよりKVAより、数値上の強度があるR953

953をフレームに使いますと~

Egの内容を問われると存知ます(笑)

015

エンドの仕上げも丁寧で、

017

コラムは~

016

KVA!

これで同じフレームでも、走りは一変すると思います。

ダッシュと速度への乗り~

前加重状態での走行フォールは、確実に違う筈です!

前へ過重が懸かる高速DHでも~違うと思いますが

007

どう見ても、

ゴルゴ13がスペシャルバレル作製を依頼する怪しい人物~

にしか見えません(笑)

でも、Vladの腕は確かです。

旧態依然と致します我が国のハンドビルド業界へ~

002

日本人のセンスとは異なるアプローチで

テロを仕掛けるVlad~

彼渾身のプロダクトは、必ず他所との違いを体感可能と存知ます。

フォーク一つでも、そうであります!

フルオーダーは、、でもフォークからなら~

な方は、ご一報下さいませ。

あのゴルゴ13も、

ワンオフの怪しいブツで超一流の仕事をするんです。

一流とは、常に少し怪しさを纏うモノだと存知ます(笑)

Let’s terrorize for your Front fork!

フォークは、とても重要だと存知ます!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*