Tange Prestige by Panasonic!

しなやかに進む感覚が楽しい丹下プレステージですが、

独自の低温溶接が効いている為でしょうか~

他のプレステージより、更にバネを感じるPanasonicのプレステージ

画像-0054み

1inchのヘッドにスティールフォーク

コーナーでアンダーが出るので1inchは、、

との話も耳にするのですが、

それは単に、乗り手の加重位置が悪いだけだと思います。

1inchだからアンダー、だなんて全然ウソだと思います!

画像-0053は

日東パールステム~

画像-0012み

シャープで美しいと思います。

71度のパールステム、最近では4回転ギアが主流になるプロ競輪レーサーでも

このパールを使う人が増えて来ているそうです。

58度や65度ではなく、71度のパールを競走車で使う~

最大回転数がとてつもなく高いプロレーサーでも、4回転オーバーなら

踏み重視のポジションになって来ている証かも知れません。

画像-0054つ

そのプロ仕様である、加島ファイブゴールド30mmレールバージョン

狭くナローなペダリングで回転を出す為の物ですが~

その民生化バージョン(笑)であるナローサドル

画像-0055ぬ

内腿の干渉を最大限に無くしても~

画像-0057む

座面はしっかりと確保しています。

回転ペダリングを、前乗りではないポジションで繰り出せます!

画像-0052つ

日東Mod 55

上半身を使える基本フォームが出る、代表的なハンドルだと思います。

画像-0058る

BBはノーマルベアリングとは思えない、

画像-0060よ

杉野MB608

画像-0061へ

他のセラミックBBクラスの回転です。

画像-0010めさ

今回は、カーボンフレーム

しかも、人気No1のP社のカーボンからお乗り換えです。

画像-0011ね

コンビニ休憩中の車体談義から外れてしまい、

一人ポツんと佇まざる得なくなるリスク(笑)をご覚悟の上の~

画像-0015つ

勇気あるご決断だと存知ますが、

一人では御座いません。

Tange PrestigeのPanasonicが~

どこまでも、ずっと一緒に走ります!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

2 コメント

  1. Kentaro
    公開日時: 12月 7, 2013 - 7:42 pm | パーマリンク

    確かにお一人ではありません!私もその一人です!!

    • hiroshi
      公開日時: 12月 7, 2013 - 8:55 pm | パーマリンク

      Kentaroさん

      こんばんは、

      そうでしたね、一人では御座いませんね!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>