Riding sprit of long term!

前回のstrenuos ridingの日程が合わなかったT氏

昨日少しだけご一緒させて頂きました。

「長く走っていたい」と希望を持つT氏でありますが

その長く、はロングライドと言う意味でなく、人生の中で「長く」~

走ってゆきたい、と以前より考えておられたそうです。

某フィッティング理論により、ポジションをセットして頂いた~

との事からも、真摯な姿勢は「長く」への意気込みです。

016

お金も要したと想像致します、そのポジション

一度、オールアウト手前まで追い込んでゆくと~

明らかに、上半身を使えていない事を感じ取れました。

017

アップライトで詰まり気味な、そのポジションを

筋力と心肺機能は十分備わっているであろうT氏の身体力~

その全てを後輪へ効率よく伝える為に、

コラムを15mm、勝手に下げさせて頂きました。

015

膝の位置から、ペダリングの360度均等トルク

急斜面では、敢えて少しだけ踏力を抜いて走って頂くと~

相当既にアシにキておられる状況でも

最初のサラ脚の時と、そう速度変化はありませんでした。

走る事へ対しての理論は諸説あると思いますが、

上半身を含め、身体全体のパワーを効率よく使う事が重要だと思います。

その為には、現在主流であるフォームは~

多くの場合、ハンドルが、近くて高いと思います。

あれでカーボン車体に乗るなら~ペダリングは縦入力主体になり~

上半身を使を使えない為、上体が踏みに連動して揺れてブレる~

そのブレと揺する動きは、推進力には全く無意味な力だと思います。

T氏が、実際にどうお感じであられたか、その具体的な事は?ですが、

ひとつ言える事と致しましては、勢で踏む感じが抜けた事だと思います。

014

現在のHow to ride本の内容とは、全く違うかも知れませんが~

トラッククラブ伝統の可変乗り(笑)や、纏わるセオリーへご興味ある方

ご連絡下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=4c085bz4b7s

カマキリ走法へご興味御座います方も~

ご一緒致しましょう!(笑)

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

2 コメント

  1. Moto-T
    公開日時: 10月 15, 2013 - 2:37 pm | パーマリンク

    Lessonありがとうございました。後姿でフォーム観察できたのも一瞬、坂道で限界まで追い込まれ、恥ずかしいくらいにあっさり弱点が露呈しました。その後、コラム下げから始まるアドバイス感動しました。lesson後に向い風の多摩川を上半身と膝を意識しながら、慣性に頼らないようにトルクをかんじながらインナーでひたすら遡上、帰りに同じフォームでアウター解禁して帰宅しましたが、ぶれなくなった上半身からはシフトアップが苦にならず、加速が止まりませんでした。昨日は、子供達が寝た後に固定で三本ローラーに一時間、フォームチェックして、動画撮ってまた感動。更に、乗り込んでいきたいです。出てきた疑問は、下げた肘とブラケットの位置、握り方の関係。また、近い内にお邪魔いたします。
    T

  2. hiroshi
    公開日時: 10月 15, 2013 - 3:53 pm | パーマリンク

    Tさん

    先日はお疲れ様でした!

    よいイメージや、力まない感覚のイメージ~

    頭や机上ではなく

    具体的に、ご自身の身体で感じて頂けた事、嬉しい限りであります。

    自分が申し上げた事がもしTさんに合うのであれば、

    ハンドルはあと僅か、送りセッティングになさると~

    現在湧きあがっておられる、肘とブラケットの位置関係

    解消の糸口かも知れません。

    グリップにつきましては、

    長くなりますので、次回にでも~であります。

    ガンガン乗られて下さい、そしてどうか~

    長いタームで、自転車を楽しまれて下さい!!

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>