Recommendation!

オフシーズンは、マースバーでポジション出しましょう!

今風に言うなら、シャローって呼ぶのでしょうか?

ダンシンングでの重要な要素のひとつに・・

ブラケットポジションが挙げられます。

キチンと下がるんです、マースバーだと!

見た目は大した差ではありませんが、乗ると違います。

下がったブラケットって・・

こんなに力入るの?って、普通はなると思います。

ノーマルクランプのステムになら、日東ハンドル製作所の104番!

104は熱処理ハンドルですが、ムクで身体に優しい105番もあります。

カーボン車ではオーバーサイズが主流ですので、エバディオです!

400/420は、常にあるようにしています。

マースバーの威力、ナメてはいけません!

しかも、この二つのメーカーは・・

値段も大変に良心的です。

Try it,immediately!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>