Panasonic Ti version H!

CS誌様より、写真拝借しておりますが~このアウトバデットチューブは

Panasonicが我が国を代表致します某重金属メーカーへ~

別注し

造られたチューブで御座います!

通常のTiフレームは

バデットなどしはておらず~単なるプレーンチューブだと存知ます。

325Tiのプレーンチューブは、自分の個人的感覚では御座いますが

疲れない~はいい表現で、多くはトロくて進まない車体だと感じます。

加速もぜず、一定速度域で延々と走行する~そのような用途には

合致すると存知ますが、それ以上な場合はイラつくレベル(笑)と存知ます。

アウトバデットでその325Tiのネガを潰し

325Ti独自の踏んでもアシに来ない~と、レスポンスを両立させましたのが

この造形で御座います!

https://www.youtube.com/watch?v=M8oLSPPhBYE&t=4s

https://www.youtube.com/watch?v=Cnsvf24JKUs

負荷の懸りますシーンでもアシは確実に残ります。

自分のような貧脚中年へは、最高の一台であると存知ます!

http://cycle.panasonic.jp/products/pos/custom_order/frtc12/

世界の中でもTiチューブをバデットさせておりますのは、Panasonicだけ~

ではないでしょうか?

その別注を担う処は、我が国が世界へ誇る重金属工業で御座います。

我が国へ誇りを持つ国粋主義者(笑)の方で、山岳を含むルートを疲れずに

でも、己の納得ゆくペースで一日を走り切りたい~永く自転車を楽しみたい~

そのような方へは、絶対に満足ゆく一台と存知上げます!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*