Panasonic Ti READY!

All Japan medeで、OEM全盛時代へ挑む

Panasonic Ti!

前ノメリの人生をゆく~

ご貴殿の為に、存在しております!

複雑な造形を、わざわざ別注して拵えたチューブ

ダウンチューブの太さが~気になりますでしょうか?

確かに、ボリュームはあります。

でも、このいつまでも乗っていたい、って感じる楽しいフィール

カーボンともスティールとも、違いますが~

このチュービングが齎すものだと思います。

そして、このパナソニック伝統のレーシングカラーだと~

ダウンチューブのボリュームは強調されないかも知れません。

アッセンブルは、campy ahtena

輝く、シルバー!

でも、レバーはシルバーに敢えてしません!

ブラックピラーとコンビネーション、

オールシルバーへは~行きません(笑)

セクシーなシェイプのチネリ・クリテリウムは~

73度の日東ステムで引き締めます。

走れ、Panasonic Ti!

自転車は~

走って、ナンボです!

campy athenaを纏い、Panasonic Ti c speed speciale

READYです!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

2 コメント

  1. ごり
    公開日時: 5月 5, 2013 - 11:42 pm | パーマリンク

    小山さんが組む車体は色気がありますよね。

    今の自転車にかけてのは色気だと思います

    レーシングカラー!かっこイイなあ。

    • hiroshi
      公開日時: 5月 6, 2013 - 12:47 am | パーマリンク

      ごりさん

      こんばんは、

      有難う御座います。

      このTi車体、少し乗らせて頂きましたが

      このハンドルとステムのセッティングだと、試乗で来ていた車体より~

      更に進みがよかったです。

      あのフィールが出ている車体は、

      ここ数年自分は乗った事ありません!

      仰せのように、自転車は見た目も大事だと思います(笑)

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>