Panasonic Ti offer!

約3週間、Panasonic Ti車体に乗らせて頂きました。

チューブのボリュームがあるビジュアル

好みが分かれる処と思いますが、

その走行感覚たるや~

アウトバデットさせた複雑なチューブが齎す

カーボンとスティールのいいとこ獲りのフィールでした。

皆様にご試乗頂きましたが、正直申し上げ

20分や30分の試乗で内容は分からないと思います。

印象は分かるとしても、自分のポジションで乗り込んでこそ~です。

これは、全ての車体に言えると思います。

約3週間の間、毎日乗るのが楽しくて~貪るように乗りました。

踏み、しなり、路面追従、そして鋭い加速と高速維持

走る性能に於いて、死角は見当たりませんでした。

そしてなにより、乗っている事自体が本当に楽しいんです!

こんな車体、そうは存在しておりません。

国内某重金属工業にPanasonicが別注して造ったチューブ

台湾メイドや中華チューブでは、このフィールは出ないかも知れません。

そして、マニアを喜ばすビードレスな仕上げとは正反対の、無骨なガゼット

全て国産メイドで、小手先のブラフ的な事は一切ありません。

325.000JPYですが、これ以上の価格でのタイワンチューブTi車

沢山あります。

愚直なまでに理想を追及するPanasonic、このまま隠れた存在には~

出来ません!

皆様へ乗って頂くべく、今月末までのオーダーは

260.000JPYとさせて頂く事、過日告知させて頂きました。

本来、値引きでお勧めする車体ではありませんが~

内容は確実です。

純国産の実力と心意気、海外OEMブランドには負けません。

現在、世を騒がす諸般の事へ、一矢報いる事へも通ずる~Panasonic Ti

是非、乗られて下さい!

 

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>