Panasonic 2019!

Panasonicの2019ライン体制につきまして~

インフォメーションをお気になされておられます皆様も少なくないと存知ます。

@エンデュランス系ロードのフルモデルチェンジ

@ニューカラーデザインの追加

以上が大きなトピックとなる、との事で御座います。

で御座いますので

versionHの更なるエボリューションモデルが登場~等々は

御座いません。

ご発注を躊躇なされておられます方がおられます場合~

お待ち申し上げております!

スローピングモデルのアウトバデットTiとversionHとの違いや

vertsionLや丸管のベースモデルの凡その特性や、それぞれに合致致しました

使用シーン等々~散々乗らせて頂きましたので

自分の私見でよろしい場合には、お伝えさせて頂きます。

以上~Panasonic 2019につきまして、で御座いました!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*