No way!you call this a steel bike?!

自分が思い焦れていたデダチャイEOMは・・

EOM16.5スティールチューブは、信じられない水準の性能でした。

とにかく、進むのと・・

BBウィップを伴う走りが好みである、自分の想像レベルを超越したものでした。

今まで、スチール・アルミ・カーボンと時代の変遷と共に多種多様なフレームに乗って来ましたが・・

そのどれども似ていない感覚です。

BBウィップは基本的にしない方向性のようです。

これ自体は、最新カーボンと同じロジックだと思います。

でも・・

踏んだ感覚と、前へ出る感覚は微妙にカーボンと違うんです。

試しに、カーボンフレームでは許容してくれない後ろポジションでトルク入れてみると・・

鉄フレーム同様に前へ出ます!

前後バランスは絶妙で、安定感があります。

カーボンの、あのヒラヒラ感とは違う感覚ですが・・

ガツンガツンに前へ出ます!

これは、本当に鉄フレームなのでしょうか??

Steel is Real

彼等の情熱の結晶は、自分の想像を大きく上回るものでした!

坂で踏んで、笑っている自分が怖いです(笑)

いつまでも、降りたくない・・ずっとずっと、どこまでも乗っていたい、って感じです。

DUELL//情熱の新次元鉄フレームです!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>