How feel?!

自分のテキトーな感覚より、現実を知るには・・

数をこなしている方やら、強烈な乗り手に感想を聞くのが一番だと思います。

ロード車体において、東京で一番プレゼンスを持つのは

ここだと思います!

今や20名のスタッフで回す企業です!!

開店前の午前中にお邪魔したので、凄い入荷箱数です!

どこかのテキトーな処とはワケが違うんです(笑)

強風でヘロヘロになりながらも、なんとかクルマから二台持ち込ませて頂きました。

スタッフの方々は、基本的にスジ金入りの自転車好きです。

そして、基本的にはカーボン車に普段は乗ると思います。

・・だって、みんなレーサーですから!

乗って頂き、感想の大きく共通する部分がありました。

鉄車の感覚がする、って事です。

下支点で踏み切りで終わるカーボンと違い、ペダリング後半セッションで返りを感じる、との事です。

この返りを、ロスとするか、アシストとするか・・好みと見識が別れる部分だと思います。

2台とも、気持いい走りをする、って言っていたのは・・

今じゃ有名人の彼氏!

某社のCAD10を最近乗ったそうですが、金属フレームはいいなぁ、って事でした。

「こんなのトロくて使えないよ!」

じゃなかっただけでもOKです(笑)

果たして、カーボン主流の今・・

年産200台のハンドメイド車体が世の中へ通用するか?!

「カーボンは今、どれも似てきてるかも」

って、淳選手の言葉が印象的でした。

なるしまフレンド神宮店、鈴木店長、皆さん、有難う御座いました!!

It is time for steel!/DUELL

www.duell.nl

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>