He recommend the SL niobium!

CHESINI代表 Osvaldo氏から連絡がありました。

イタリア国内でもカーボンが主流である事は我が国同様です。

現在でもMilanoなどでよく目にするパパちゃり風シティ車体、

CHESINIは現在でもこの手の車体も手掛けています。

columbus SPRITでフォーク・ラグ・バックセッションをオールメッキ

そんな自分のリクエストに対して、

SPRITよりメッキ加工ならSL niobiumだ!

そう言うんです。

ステンレスのXCを除けば、最新・最軽量はSPRITです。

現代へ蘇る、CHESINI X uno

迷わず、デモ車体はSPRITだ、って思っていました。

見掛けの数値やスペックより、適性で進言してくるOsvaldo氏・・

Hiroshi、SL niobiumだぜ、絶対だ!

お任せ致します、そう申し上げました。

造り手それぞれの指針や信念があると思います。

それはDUELLの代表Johnにも強く感じます。

そして、我々世代にとってのcolumbusとは・・SLに尽きると思います(笑)

http://www.columbustubi.com/ita/4_4_4.htm

あのSLを正常進化させたSL niobium

Osvaldo氏が、これでいけ!

って仰せの言葉を迷わずに信じます。

だって彼は、イタリアンハンドワークアルティザンの三代目なんですもの!

コ○ン○スの名前の出所?のZONAとかが現在ありますが・・

本来のハンドワークとは、

CHESINI初め、小規模工房が積み重ねて来た歴史だと思います。

どちらを選択するかは・・

個人の価値観であると思います。

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>