Go ahead by Neo-cot!

ラージフランジハブにチューブラー!

リムは新家工業16B!

ホリゾンタルのフォルムが美しいです。

BSが誇るNeo cot最大の特徴、バルジ加工チューブ

大変手間とコストが掛かっていると思います。

アルミピラーでは、現在世界最高水準のSP72

蔓延るOEMピラーとは、全てが違うと思います。

6mm二本で止めるレール角度・・微妙な角度も確実に出るんです。

NJSの刻印はリアに!

前田工業の匂いが強くする・・マイクロシフト!

杉野の145mmQファクター

OX801D!

リーガル、シルバースタッド!

36Hのチューブラー車輪+鉄のNeo cot

時代へ抗する選択は、如何でしょうか?!

新家工業・日東ハンドル製作所・杉野・星・島野・パナレーサー

そして、ブリジストン

海外メーカーへも抗するべく、我が国を代表するプロダクトで組みました。

発進準備、整いました!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>