Get back to normality!

ホリゾンタルフレームには、あるべき佇まいがあると思います。

コラムはカットすれば、元には当然戻りません。

覚悟と同時に、気合が試されます(笑)

ハンマーでブっ叩き!

スターナットぶち込むんて・・

本来は、鉄フレームではないと思うのは・・古いニンゲンだからだと思います(笑)

トップキャップがある鉄車体・・(笑)

でもでも、ステム角がアップライズであるのは、どうしても許せないんです!

BSは入魂の鉄フレーム、ネオコットを素晴らしい出来で仕上げています。

・・何故、ナゼ・・ステムを上向けているんでしょう!

あそこまでして、ソレはナイです。。

自分には、カタログ写真のネオコットが泣いている声が確実に聞こえて来るんです。

お願いだから・・パラレルステムに戻して下さい、って!

BSが誇る、ネオコットに無様な姿は似合わないんです。

有難う、助かったよ、本来の姿に戻れて!

車体の声が聞こえますでしょうか?(笑)

どうにもならない、アナトミックバーも・・

車体がマースバーにして、って言うモンですから。。

105にしました。

本来のロードレーサーが持つフォルムになりました!

ネオコットとの会話は楽しかったのですが。。

BSさん、ノーマルに戻してカタログに出してあげて下さい。

聞こえませんでしょうか??

泣いているんですよ、入魂のネオコットが!!

この記事はBlogに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.
DeliciousFacebookDiggRSS FeedStumbleUponTwitter

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>